スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

パク・シニャンが映画『約束』を日本公開?

2007年05月19日 15:06

朝鮮日報さんの記事ですが

コチラ

『パリ恋』に夢中になっていた時、パク・シニャンの演技がもっと見たいと思い、この映画のVCDを購入して見ました。
その時書いた記事はコチラです。<注>ネタバレあり
日本公開は、どうでしょうね。それより、DVDが出ると良いなー。日本語字幕つきでもう一度見たい映画です!

パク・シニャンものでは、先日、『達磨よ、遊ぼう』をレンタルして見ましたが、これも面白かったー。恋愛物ではないのですが、男の世界の友情物語をスッキっと見る事が出来ます。やくざ映画の部類になるのかも知れませんが、あちらの映画にありがちな、乱暴さは少なく、やくざとお坊さんの対決や、住職の言葉が心に残ります。
続編『達磨よ、ソウルに行こう』も同時に借りてきたのですが、『ソウル』の方に、前作のパク・シニャンのその後の落ちがあったりして。2本とも、とーっても楽しい映画で、笑えますし、ホロリとさせられるシーンもあって。どちらも「めでたし、めでたし」で笑って終わるのでお勧めです。よりコメディー色の強い『ソウル』の方に、シン・ヒョンジュンが出演している事は知っていたのですが、あの若いお坊さんは・・・ヤン・ジヌよね?ヤン・ジヌが、めっちゃ綺麗なお坊さんっぷりでしたわ。シン・ヒョンジョンはカラオケのシーンであの東方神気がリメイクした曲『風船』を歌ってますし、ヤン・ジヌは見事なラップ般若心教を披露しています。



パク・シニャンの久しぶりのドラマも好評のようで、また近々彼のドラマを見る事ができるかも、と期待しています。
スポンサーサイト

映画:『四月の雪』

2005年09月30日 14:49

あまり、映画館へ出かけてまで映画を見る事は無いのですが、今回、数人の友人と一緒に行ける事になり、出かけて来ました。
[映画:『四月の雪』]の続きを読む

映画:『約束』

2005年09月17日 14:02

ドラマを見て、素敵な演技をする俳優さんに出会えたら、その人が演じる他のキャラクターも気になるもの。『パリ恋』でパク・シニャンの魅力にハマった人なら、とっくに何度も観賞済み、さらにパク・シニャンにハマる結果になったであろう映画『約束』です。相手役は、どんな役でも機用にこなしてしまう印象のあるチョン・ドヨン。『パリ恋』の第2弾的ドラマ『プラハの恋』に主演の方ですね。
[映画:『約束』]の続きを読む

映画:『永遠の片想い』

2005年05月04日 11:58

『永遠の片想い(原題:恋愛小説)』2002年の作品です。
チャ・テヒョン(ジファン)の穏やかな雰囲気、イ・ウンジュ(ギョンヒ)の暖かな雰囲気、ソン・イェジン(スイン)の儚げな雰囲気。この3人のバランスがとても良くて、微笑ましいストーリー。そして、驚きのラスト。・・・たぶん、その想像は間違っています!と言える位「だ~い、ど~んで~んがえしっっっ!(リズムを付けて読まれた、そこの貴方・・・同年代ですね(笑))」予想もしなかったラストに泣かされました。



以下、ものすっごいネタバレ。
もしも、まだこれから、この映画を見る予定のある方は、絶対に、読まない方が良いです。

[映画:『永遠の片想い』]の続きを読む

ヘップバーンの『パリの恋人』

2005年04月01日 22:15

『パリの恋人』で検索すると、オードリー・ヘップバーンの映画が上位に表示されているので、どんな映画なのかと興味を持っていました。
ヘップバーンと言えば、『ティファニーで朝食を』。そう、キジュとテヨンの『パリの恋人』で効果的に使われた、ムーンリバーが流れる映画です。そして、『ローマの休日』は、キジュもテヨンもお気に入りの映画でした。99%ノーカットと言う日本版DVDの、1%の部分の一つが、『ローマの休日』で、ヘップバーンとグレゴリー・ペックが、べスパで二人乗りしているシーンが映っている箇所なのでしょう。そう言えば、昔々・・・「べスパが欲しい~」と思った事もあったよな(笑)
[ヘップバーンの『パリの恋人』]の続きを読む


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。