スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦神~MARS~』第2話

2005年04月16日 14:49

期待を裏切らない第2話でした。ストーリーもだし、はっきり言って、男前の揃ったドラマです。>結局それかー(笑)暫くは、1週間が待ち遠しい、嬉しい日々が続きそうです。・・・F4待望の日本デビュー!のCMのヴィックは、ちょっと微妙だわ。
先週の変態先生、暗~く逆襲かー?と思ったら、ビックリするぐらいあっけなく消えていきましたね。「先生の車シーマだよね」・・・台湾にもシーマがあるんだろうか。。。(笑)
BS日テレの番組ホームページの相関図、詳しすぎ。と言うか先の関係まで紹介しすぎです。えっ?彼と彼女が・・・?見るんじゃなかった。
コンビニで買物をする零は、店内の鏡に目を留める。鏡に写っているはずの自分の姿が見えずに動揺し、鏡から目を反らす。もう一度鏡を見ると、ちゃんと自分の姿が写っている。鏡に写っている自分を見て、ホッとした表情で、その場を去りかける。しかし、再び鏡が気になり目をやる。そこに写っているのは、自分では無く、自殺した(って、番組ホームページに書いてある)双子の弟・聖の姿。聖が、自分に対して、不敵に笑いかけているように見える零。拳で鏡を殴りつけ、鏡を割ってしまう。
過去に起こった事件によって、神経の可逆反応によって、完全な記憶喪失ではないが、心理状態と記憶が一致すると、自分の姿を見ることに恐怖感を覚える。記憶機能により、恐怖感が増幅し、仮死状態になり呼吸停止、記憶機能の効果により脈拍さえ停止する。神経の可逆反応で、常に幻覚を覚え記憶を拒否する。
・・・と、分かるような分からないような、Drらしき人物の言葉の回想。零もまた、思い出す事を心が無意識に拒否するほどの深い心の傷を負っていて、乗り越えられず苦しみの中にいる。と言う事は、よくわかりました。
部屋でお酒を飲み、横たわっている零。聖と母親の記憶がフラッシュバックする。聖が自殺した現場と、子供時代の異様な母親の行動。・・・キラが書いた地図の裏側に書かれていた、母子の絵を見つめ涙を流す零。

零は部活中のキラを訪ね、母子の絵を返す。「ありがとう」と言うキラ。キャンバスに写せば必要の無くなる下絵だと言うキラに、捨てるならその絵が欲しいと言う零。キラから「完成した油彩をあげる」と言われ、喜ぶ零は、絵のお礼に「守ってやる。何かあったら、お前の味方になってやる。俺が出来るのはそれくらいだ。それともう一つ。Hしたくなったら、俺の体提供してやる。ただで」立ち去る零を呼び止めるキラ。「体貸してくれない?」驚いて振り返る零だったが、キラは零に絵のモデルを依頼する。イスに座り、モデルになる零だが、すぐに眠ってしまう。零に近づき、顔を見つめながらキラの心の呟き「こんなキレイで純粋な顔からは、何の悪意も感じない」・・・
吉岡(変態先生)の英語の授業。キラの言葉が続く「世の中にはどうしようもない悪意が存在する。どんなに取り繕っても、じわじわ にじみ出てきて、不快な匂いをまき散らす」・・・英文を作る問題を出す吉岡。誰も手を挙げず、吉岡は、先日の仕返しとばかりに、寝ている零を当て、前に出させる。「どうした。威勢がいいのは、放課後だけか?」と鼻で笑う吉岡。「あんたが起こした。悪く思うなよ」相手にしない吉岡の横で、すらすらと英文を書く零。ざわつき始める生徒達。“この善良そうな教師は 女子生徒にセクシャルハラスメントする最低の人間”と読み上げる。(LAに8年間住んでいた・・・と言う設定だそうで)慌てまくる小心者吉岡。慌てる時点で、自分の事って、自分で公表しちゃってますわ。席に戻る途中、キラに手を差出し「スッキリしたろう?手を出して」と、ささやく様に声を掛ける。いつものように俯いているけど、でも軽く微笑んで、零の手にタッチするキラ。

桐島牧生が、足元の何かを、静かに笑いながら見つめ立っている。名前を呼ばれ、名残惜しそうにその場を離れる牧生。「何してたの?」「この世で一番美しい物見てた」(蛇がカエルを襲うところ?・・・怖っ)医師と話す牧生。「桐島くん、その服装はどうした?(普通に白いシャツを着てるだけに見えますが・・・?)」「正常に見えるでしょ?」退院が近い牧生は、病院で見つけたという、1枚の絵を医師に見せる。黒一色で書かれた顔の絵。「入院当初、鏡を見るのを嫌がって、病院の鏡を全部割った、牧生と同世代の人物」と言う、かつてのその医師の患者に、興味を持つ牧生。

いつものように、バイクで帰宅する零の姿を見ている吉岡。赤信号で、ブレーキが効かない事に気が付く零。トラックの下を倒れるように通り抜け、バイクも止まる。。。?漫画にあったんでしょうね。こんなシーンが。ドラマじゃありえなさ過ぎ!と諦めず、撮影しちゃうところがアッパレ!です。
バイクに細工したのは吉岡だと察した零は、吉岡を人気の無い場所へ連れ出す。長い階段の上で、ジワジワと吉岡を脅す零。「やるなら徹底的にやろうよ。後腐れないように。先生の車、白のシーマだったよね?運転気を付けてね」と言い残し立ち去って行く。即効で学校を辞めてしまう吉岡。キラは、吉岡が辞めた原因は、零だろうと気が付く。「世界はあなたを不公平に裁き、あなたも自分のやり方で世界を裁く。誰もあなたを信じなくても、私はあなたを信じる」と、胸の中で呟くキラ。

零にアプローチする晴美。晴美と話しながらも、キラの隣の席へつく零を見て怒る晴美は、カッターで鉛筆を研いでいるキラにぶつかり、零の隣の席へ着く。カッターで指を切ってしまうキラ。零は、キラの指の傷を自分の口に含む。その様子に驚く、晴美と、そして達也。
達也は「キラがどんな目にあっても知らないぞ」と零に忠告する。達也がキラを心配する様子に、達也がキラを好きな事に気が付く零。
達也の心配が当たり、晴美達に、屋上に呼び出されたキラは、服を脱がされ(上だけね)、屋上から服を投げ捨てられてしまう。授業をサボって屋上へやってきた零は、屋上の隅で蹲っている上半身下着姿のキラを見つける。キラも零に気付き、腕の中に顔をうずめるように隠し、身を硬くする。「俺のせいか?誰にやられた」「私が弱虫だから嫌われるの」キラに上着を掛け「送っていく」と言う零。零の顔を見るキラ。
・・・男性の嫌な部分ばかりを見続けてきたキラだから、ただ「送る」とだけ言う零が、キラにとってのMARSに見えた瞬間かも・・・
男性と触れる事を拒絶し続けてきたキラが、零のバイクで送られて行く。バイクの音を聞き、教室を飛び出す晴美。「女は乗せない」と言っていた零のバイクに乗っている、キラと零を見る晴美。
グラウンドに倒れこんでいる達也。
・・・走り去るバイクのシーンと達也のシーンは、場所は違うけど、どちらも中央に道を通すように、似た感じに撮ってあるように思えたのですが、何か意味ありの映像なのでしょうか?たまたま、映像美を狙っただけ?・・・

バイクを降りたキラに「怖かった?」と訪ねる零。「乗ったら、あとは任せるしか・・・」「身を任せてくれてサンキュ」「いつもそうなのね」と言いながらも、お礼を言うキラ。「守ってやるって言ってくれたの、本気じゃないの分かってる。でも嬉しかった。もう長い事、誰にもこんな風に近づかなかったから。ありがとう」と言って、家に入ろうとするキラを追いかけ腕を掴み引き止める零。そこへ、キラの母親が帰って来る。慌てて、零からキラを守ろうとする母親。キラの母親に自己紹介をし、握手をする零。キラの母親の手を両手で握り手を見つめながら、「これがお母さんの手か。あったかいな」と呟く。零は、家に入ろうとするキラに「達也をどう思う?生理的に受け付けないとか、大嫌いとか・・・」と訪ねる。キラは「どうしてそう思うの?」と答える。
自室で、零から借りた服を見て優しい表情をするキラ。

片岡明高を訪ねた零は、バイクレースに出る事を薦められる。ヤマハが、若い有望なライダーを探している事を聞かされる。

CMの前後が、アニメみたいで嫌だー。CMカットをするのに、いちいち鬱陶しい~。BS日テレ様のセンスの良い演出なのかしら・・・?1日も早く、CMの無いCSで放送して欲しい。。。


コメント

  1. boss777 | URL | ktzn0Ag.

    台湾ドラマって、男前揃ってますよね!
    友人に勧める時はこれを真っ先に言います!ハイッ!
    hiyoさんの前置きを読んで「BS日テレHPの相関図は見ないぞ」と誓いました!
    が、Read Moreをクリックしたとたんに\(◎o◎)/!
    零に双子の弟…。
    以下読まずにいることにしま~す(^○^)

  2. hiyo | URL | SFo5/nok

    >boss777さん
    きゃー、ごめんなさ~い!私の記事はハマればハマるほど、もの凄い勢いでネタバレになっていきますので、Read Moreクリック時はご注意下さいませ~。
    でも、BS日テレの相関図は、今のストーリーからは想像できないような、何故そうなってる?って位先の関係が明かしてありました(苦笑)

  3. boss777 | URL | ktzn0Ag.

    hiyoさん、おはよございます。
    謝らないでくださいませ~。
    あの鏡のシーンは私には理解困難だったので訳あり弟ってのが存在するんだーって事で後引かなくてよかったんですよ。
    hiyoさんのレビュー好きだから、見てはいけないと思いつつ、5,6行づつ読んじゃってます^_^;

  4. hiyo | URL | SFo5/nok

    >boss777さん
    あの鏡のシーンは、聖の存在がわからないと、下手したら危ないシーンにも見えちゃいそうですね。聖の事以外には、先々のネタバレはしていないと思うので、ご安心下さいませ。>思うじゃ困りますよね(苦笑)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/102-e9569a72
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。