スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦神~MARS~』第3話

2005年04月25日 23:45

零は、片岡のサポートでバイクレースへの出場を目指す事になる。レース中に事故に合い、義足になった片岡の足を見つめる零。
キラに「零と関わるな」と言い聞かせるキラ母。キラの父親は、暴走族との事故で亡くなっていた。零の事をかばうキラ。
キラをバイクで送る零を見た晴美は、零の自宅を訪れる。「絶対にキラに渡さない」と言う晴美の言葉で、キラを屋上に呼び出したのは、晴美だと気がつく零。零のせいだと言う晴美に「俺は8人の女と同時に付き合う男。お前は8人の中の一人。キラは違う」と言う零。晴美は「どんな手段を使っても、キラを零に近づかせない」と言い帰って行く。
零は、達也とキラの仲を取り持とうと考え、二人を会わせる。零にあてつける様に「付き合っても良い」と言うキラの言葉に、驚いた(と言うか、悲しげというか・・・。とにかく切ない良い表情を見せてくれます)表情を見せながらも、二人を残し、席を立つ零。キラの言葉に喜ぶ達也。でも、キラと達也の会話は全くはずまない。。。零の話しをする達也。急に口数が増えるキラ。達也は、キラが零を好きな事を思い知らされる。キラは、達也との会話で、零の母親がすでに亡くなっている事を知る。達也との別れ際、キラが達也に声を掛ける。「フォークダンスの時、どうして抜けたの?」「そうすれば、君と一緒にいられるから」と答える達也。
翌日・・・かな?学校で(場面転換が早いー!(笑))キラを待っている達也。キラに声をかけるけど、キラは、晴美の友人達に連れて行かれる。・・・達也~、暢気に「良いよ」って言ってる場合じゃ無いってばさ。晴美の友人達に人気の無い場所(体育館裏らしい)に連れて行かれるキラ。キラの手にタバコの火を近づけ、零に近づくなと脅す晴美。「火ぶくれで、1週間泣く破目になるわよ」「1週間でいいの?1週間泣けば好きでいていいの?」と答えるキラに怒り、「指をつぶす!」と石を拾ってくる晴海。達也からキラが呼び出された事を聞く零は、教室を飛び出して行く。零の後を追う達也。・・・零って、もしかして運動があまりお得意じゃなかったりします・・・?指をつぶすと言う晴美に(晴美って何者?)「右手がダメでも左手が、手が無くても足で描ける。足が無くても口に筆をくわえて描けばいい」と言うキラ。今回は、怯えながらも言い返してます。偉いぞ!キラ。石を振り上げる晴美。。。でも、キラの強い気持ちに適わず、晴美はキラを傷つける事は出来なかった。キラの元へ駆けつけた零(すでに晴美たちはいない)「なんともない」と言うキラを、思わず抱き寄せる。その姿を見ている達也。
バーでお酒を飲んでいる晴美。零がやって来て、隣の席に座る。「お前でもビビるんだな」「今回はね。次は分からないわよ」「好きにすれば。でも・・・お前、殺すよ」「あの子のために殺人?やめてよ」「絶対に・・・殺してやる」真っ直ぐに晴美を見て言い、去って行く零。零と入れ違い(?)に達也がやって来る。お互いの気持ちを話す達也と晴美。ずっと零とキラを見てきた二人だからわかる、零とキラの気持ち。「嫉妬する勇気も無い。友達として零の陰になるか、敵になるか・・・」と言う達也。
自室にいるキラ。バイクの音が聞こえてくる。外を見て、笑顔で飛び出すキラ。お互いの姿を見て微笑む零とキラ。顔見るだけで、笑顔になる気持ち。。。懐かしいわ~(笑)「自分は、連れて歩くと目立つから女の子が寄ってくるだけ。楽しければ良い。愛とか恋なんてどうでも良い」と言う零に「あなたは愛に飢えてる。でも、重荷だから見ないふりをしてるだけ」だと言うキラ。「その通りだ。俺に近づくな」と言う零。「私も自分にそう言い聞かせた。でも、どんどん近づいてしまう。離れなれなくなった」と言うキラに、キスしてしまう零でした。
離れる二人。・・・でも、零のブレスレットがキラの髪に絡まる。4耐で優勝したお守りだと言うブレスレットを、キラにあげる零。大切なものを、大切な人に思わずあげてしまうって気持ち。分かるよね~。幸せそうに眠りにつくキラ。でも零は、キラの事を好きな達也の事を思うと、キラに向かって進めない。零にとって、達也もすごーく大切な存在。この辺の葛藤は、ネタバレを見ていると、更に深く伝わってくる、悲しい零の想いです。
翌朝、零を待っていたキラに、キスは挨拶だと言う零「その場のノリでしょう」と、零の前では平気な顔を見せながらも、泣き顔で立ち去るキラ。零の辛そうな表情、良いですね~。キラが立ち去った後、零の元へ達也がやって来る。一方、キラを待っている晴美。。。
な~んか、達也がカッコイイかも!男の友情って好きです。
零の髪ってウイッグなのかな?前半、後部分だけ、髪の乱れが不自然だったような気がするのですが。。。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/107-f5d967e6
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。