スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『戦神~MARS~』第4話

2005年04月29日 00:43

達也~!あんた男だよ!自分のキラへの気持ちに踏ん切りを付けるばかりか、キラにも零を好きだって気持ちを、ハッキリと認めさせるなて。
零を殴る達也。「今の1発で、俺は麻生(キラ)を諦める。恋なんて、時間は関係ないんだ。完敗した相手に同情されたくない。不器用な二人にエールを送るよ」・・・いかにも、原作が日本人って感じよね。受け入れ易い展開。晴美も、もう諦めた感じ。でも素直になれないから、「これ以上零に深入りすると、いずれ殺される」とだけ告げる。“殺される”って、どう言う意味だろう。。。
キラに会った零。キラは零に「あなたにつきまとったりしない。絵から始まったただの友達」と言う。「俺に友達はいない。達也以外」と言う零。「絵が出来上がったらもう会わない」と言うキラに、「俺たち不器用なんだって」と声をかける零。早く素直になれ~!!!
キラに「零を好きだというまで、キラを諦めない。力尽きるまで頑張る」と言う達也。キラは「零の強さが好き。無関心さが好き。話しを分かってくれる彼が好き」と、零が好きなキラの素直な気持ちを口にする。そして、達也には分かる零の気持ちをキラに教え「自身を持て。零と付き合うのは大変だけど、いつでも相談にのる」とまで言う達也。達也も、零が大好きなんだねー。キラと出会って変わった零を見て、零を好きなキラのためだけじゃなくて、零のために、潔く身を引くなんて。
ビールを持って零を訪れる達也。零にもキラにも幸せになって欲しいって。じゃれ合って、お互いを大事にしてる気持ちが伝わって、達也の気持ちになると、泣けてきそうな場面でした。こう言う優しい気持ちは堪ら~ん!です。友情を大切にする男の子って、好き。もちろん、友情を大切にしてくれる女友達も好きだよー(叫)
いつも飲んでるビール、やっぱりコロナビールだったのね。私的に、コロナビールって、とっても懐かしいんで、嬉しいな。ライムは入れないのね。・・・この飲み方で、歳が分かる?(笑)

零のカルテを見つけ出す牧生。ついに、退院(だよね)。また蛇が出てきたけど。カエルが抵抗していたけど、結局蛇が勝ったよって言う意味かな。それを人間関係にもそのまま当てはめてしまうのは違うと思うけど、カエルが蛇に勝つのは、簡単では無い事は事実。・・・でも、蛇が出没するのって夏よね。。。登場人物みんな厚着してるけど・・・謎だわ。台湾の気候って、どうなんだろう。
零をモデルに絵を描くキラ。達也の助言で、ゲームに夢中になりながら、モデルをしている零。キラがプレゼントしてくれると言う母子の絵の事を聞く零。「絵が完成したら、樫野君(零)と私を繋ぐ物がなくなる」と言うキラ。聞こえない振りをしている零だけど、キラの言葉にはちゃんと真面目に答える零。「俺たちのつながりなんて、ここだけじゃ無いだろう」立ち上がる零に「動かないで」と声をかける人物がいた。勝手に自分の絵を描いていた事を怒り、絵を破り捨てる零。絵を描いていたのは、美術部の先輩倉沢だった。零にモデルを依頼するが、断る零。何度も賞を貰っている才能有る先輩だと、モデルになる事を薦めるキラ。倉沢の絵を見て、批判する零の言葉を聞いてしまう倉沢。「この絵はたしかにきれいだ。でもテクニックだけ。何も感じない」と言う零に、厳しい言葉をぶつける倉沢。突然猛勉強をしている零。「バカは何やったってバカだな」と言う零に言葉をかけるキラ。キラは、零の本質に気がついている。
倉沢の絵が、また賞を取ったと話題に。倉沢が賞を取った絵は、キラが描いていた母子の絵だった。零に言われた言葉、スランプ中の倉沢には、とっても痛い言葉だったのね。・・・倉沢を問い詰めるキラに「訴えても、誰も君を信じない。モチーフが似てただけだと思うだろう」と言う倉沢。倉沢の教室に行って、倉沢を殴る零。母子の絵は、零にとっても大切なものだよね。大切な絵を無作法に扱った事。そして、キラの作品を盗作した事。
倉沢を殴った事情を聞かれても、詳しい理由を一切話さない零。「理由も無く人を殴らない」と、達也はキラに事情を尋ねる。キラは「自分が事実を話しても、人は自分を信じないで倉沢を信じる。そう言うものでしょう?」と言う。零はそうなる事を十分分かっていて、それでも殴った。それが、零のやり方って事よね。そして、それを零と一緒に静かに受け入れるキラ。“2年前の出来事”を零の父親から聞いたという先生。聖の事かな?先生も、零を理解しようとしてる。零を励ます先生の言葉を遮る零。先生の気持ちも分かる、けど、先生の助言を、今は素直に受け入れる事は出来ない。
倉沢の友人と言う上級生に呼び出される零。いかにも、屈強そうな相手登場!上級生を殴った零が気に入らない、と、殴られる。零が上級生(浜崎)達に連れて行かれる様子を見かけた友人が、達也を呼びに来る。零を心配するキラ。「心配なのは浜崎の方だ」(えっ???)と走り出す達也。


コメント

  1. ikumi | URL | A1vz8dvw

    参考になります!デジタル見れず台湾DVD中文を見てる者には 仔とバービィーが 類とつくしに見えないのが凄いです

  2. sayuki | URL | -

    今回もよかったですね!初回からクギづけで見ていますが、今回は達也カッコイイ!!の巻でした。
    前半で、キラをあきらめる達也がトラックを走るシーンで高校時代の回想がでたでしょう、あれには泣かされました。
    繰り返し見ても泣きます、あの曲がまたいいから・・・それにしても達也、さわやかすぎ!
    愛情あふれる家庭で育った優しいお兄さんなんだなーと思いましたね。
    来週は零がマッチョな上級生をボコるんでしょう。木曜まで待てないー。

  3. hiyo | URL | SFo5/nok

    >ikumiさま、はじめまして。コメントありがとうございます。
    台湾DVDで見られてるんですね。早く地上波で広く放送される日が来ると良いですね。F4が日本デビューしたので、そう遠い話では無いと想像しますが。
    『流星』とは全く違う、二人の役ですが、違和感も無く、とてもハマっていると思います。

  4. hiyo | URL | SFo5/nok

    >sayukiさま、はじめまして。コメントありがとうございます。
    高校時代の回想シーン、私も泣きそうでした。そのシーンがドラマ内にあったわけでもないし、短いシーンなのに、その時の達也の気持ちがすごく伝わって来るように感じました。今週は達也が主役でしたね。
    来週も、とても期待を持たせるさせる予告でした。楽しみです!

  5. Nameless | URL | A1vz8dvw

    字幕が届き感激です。字幕なしでは理解出来ない台詞が分かりスッキリ!来週も期待です

  6. HANA | URL | -

    こんばんは♪
    とうとうF4も日本デビューですね。というか、まだしてなかったのね・・(笑)
    ウイッグ君、「流星花園」の静かなイメージとは違ってワイルドな役だけど、なかなか良いですね。

  7. HANA | URL | -

    ごめんなさい
    ヴィック君でした。訂正。
    名前って難しいわ・・・

  8. hiyo | URL | SFo5/nok

    字幕が届いたのは、ikumiさんでしょうか?違っていたらごめんなさい。
    ともあれ、日本語訳で堪能された事と思います。良かったですね。

  9. hiyo | URL | SFo5/nok

    >HANAさん、お久し振りです!
    カタカナの名前を打つのって、難しいですよねー。って私だけ?(笑)
    見るまでは想像出来なかったけれど、零役、とても合ってますよね。F4日本デビュー、忙しくて今まで出来なかったって感じでしょうか。曲も良いし、人気が出ると良いですね。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/110-75bbf08a
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。