スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パリの恋人@BS-日テレ版』第1話カットシーン

2005年06月21日 21:53

偶然で最悪の出会い。恋愛ドラマの王道ですね。下品で身勝手だと思っていたテヨンが、実は心優しく、常識的で、思いやりのある女性だった。詳しい事情も知らずに、一方的に解雇を言い渡したキジュが、大きな商談のため、とは言え、テヨンに連絡を取ったのは、やっぱりテヨンの存在が気になったからかなー。しかも、自分で会いにいってるし。・・・家1件プレゼントしても惜しくないほどの商談。仕事のためなら、そこまでドライになれる?いくら仕事とはいえ、印象最悪で、信用の置けない人物に、依頼したりはしないですもんね。
パリでは、秘書はキジュの事を「先輩」って呼んでたんですね。帰国後は「ヒョン」と呼んでますよね。(後に、場面によって「社長」「先輩」「ヒョン」を使い分けてる事に気が着きました。)
★起床後「遅刻だ」の後
洗面台でシャンプーするテヨン。排水溝が詰まってしまう。「ちょっと、何これ。どうしたの。数学の問題でもあるまいし、なんでこんなに毎日つまるの」ドライヤーをかけながら眉を書き、着替えるシーン。リュックを持って、パンをくわえ、部屋を出ようとするが、思い出したように振り返り、机の上の小瓶からコインを数枚取りだす。
・・・部屋を出るシーンへ。


★「私に金運を!」→「大儲け出来ますように!」の後、テヨンが自転車を走らせるシーンがもう少し続きます。自転車を倒すように置き、店に急ぎ、主人との会話へ。

★辞書を開くテヨンのシーンの後。
辞書を見て、自分が首になった事をやっと理解します。自転車を押しながら、うなだれて帰って行くテヨン。願い事をした噴水に向かって「韓国語で言ったら聞き取れないの?大目玉じゃなくって、大儲けって言ったはずでしょう?」噴水に入り、コインを取り返す。「あんたね、これ返してもらうわよ!」噴水の横のベンチで横になるテヨン。取り返したコインを見つめて、「大儲けがダメなら、大金持ちの男でもいいよ。」と言い、再び噴水にコインを投げ入れる。(←このコインを投げ入れるシーンは、13話のケチケチデートの後、テヨンの回想として使われています)



・・・キジュのシーンへ

☆大家からの家賃の催促に、居留守を決め込むテヨンのシーン
「家賃がどうとか、よく聞き取れない。さっぱり意味不明」→「家賃払えって言ってる様だけど、理解できなかった事にしよう。分かったけど、分かってないって事にしておこう」・・・フランス語はさっぱり、と言うわけでは無さそうです。

★秘書から仕事の説明を受けるテヨン。リモコンを触って、映画が流れ始める。この映画は・・・?『ベン・ハー』かな?全然自信無いですが、ローマ物っぽい感じ。。。(12話の映画名ビンゴのシーンで、好きな人の映画ばかりを上げていたテヨンの映画名の中に『ベン・ハー』があったので、多分『ベン・ハー』でしょう・・・って、すごい適当な理由(笑))

★カセットテープに言葉を吹き込んだ後のシーン。
カセットからテープを抜き出し、箱にしまうシーンがカットされています。


翌日、自転車で街を走るテヨン。カセットを入れた箱を発送する。


キジュの買物リストを見ながら、スーパーで買物をするテヨン。商品の価格に驚く。ジュースを手にし「なんで、こんなに高いの?まさか、金粉が入っているとか?」チーズを手にし「これ一つ買うお金で、もっと安いの二つも買えるのに。」洗剤を手にし「何よ!窓は必ずこれで掃除しろって言うの?(後のサウナシーンで洗剤を気にするキジュのシーンがありました)この人、もしかして性格破綻者なんじゃない?おかしいわ」

・・・双眼鏡で街を見ているキジュのシーンへ。

★テヨン入浴シーンの後、見ている映画は『ローマの休日』です。二人がべスパに乗って街を走るシーンを撒き戻し、見ています。

★キジュの部屋で(キジュが、リモコンを押して流れてきた映画はテヨンがそのままにして帰ってしまった『ローマの休日』でした)秘書クンへの電話「新しい家政婦を探せ。早急にだ」の後、
秘書との会話が続きます。「おい、聞いてるのか?」「気に入らないんですか?」「最悪だ。ブスでお年寄りのお婆さんでもかまわないから、仕事をもっときちんと出来る人に当たってくれ」「掃除が出来る人は沢山いるけど、料理が上手い人はそんな・・・」秘書の言葉を遮るように強めの口調で「だから探してみろって言ってるんだろう」電話を切り、テヨンのメモを見つける。“この家は、午前から真昼になっていく時が一番素敵なんですよ。金魚鉢を窓際の方に移すのはどうでしょう。お魚達も、午後の陽射しが浴びれる様に”金魚鉢を見つめるキジュ。

・・・ヤンミと出て行くテヨンのシーンへ。

★バーの中での、キジュと店員の会話「確かにな」の後、会話が続きます。
「ジャンに伝えてくれ」と言って、店員にお金を渡す。受け取る店員。飲み物を飲み、「もう一杯」お変わりを注文するキジュ。バーの扉から外を窺うように見て、さっきの客がいない事を確認し、上着を着て店から出るテヨン。

・・・屋台に帰って来たテヨンのシーンへ

★テヨンがキジュの車を運転するシーン「次の交差点を左だ」の前にも会話があります。
「いい車ね。あんたの?自分のじゃないでしょう。ほらやっぱり」さらに、キジュの服を触り「あれ、何コレ、またまた。良い子ちゃんとかは、騙されちゃいそうね。これ、偽者でしょう?私、この分野に結構詳しいんだ。本物は、触った時の感触からして違うんだよね。一体、パリのどこでこんなものが買えるの?」

・・・「次の交差点を左だ」へ。

★テヨンとヤンミの会話「カバンを忘れるなんて」の後、会話が続きます。
「まさか、わざと置いて来ちゃったとか?」「違うよー。(溜息)嫌だな、もう」

・・・キジュの家のシーンへ

★運転席にあるテヨンのカバンをみつけたキジュ。
カバンを助手席に放り投げるように移し、車に乗り込みます。

・・・ビルのシーンへ

★キジュが、テヨンがカンヌン出身だと言った事を思い出した後のシーン。
授業中のテヨン。「今日は、自分が知っている人を、形容詞を使って描写してみましょう。(略)」「テヨン・・・テヨン」呼ばれてもすぐには気が付かず、ぼーっとしている。強く名前を呼ばれ、気が付くテヨン。・・・(少々割愛)・・・「何でもいいから、思い浮かべてみて」「彼は・・・メガネを掛けてて、東洋人で・・・お花が嫌いで・・・レースのカーテンも嫌ってて・・・私の事も嫌っています」「それでは、今度は形容詞を使ってみましょう」「だから・・・彼は・・・何て言うか・・・偏屈で・・・」急に立ち上がり、強い口調に変わる。「性格も悪いし・・・せっかちだし・・・とにかく気に入りません」テヨンの剣幕に引く、クラスメートと先生。しまった、と言う表情のテヨン。「ありがとう。どうぞ座って」と急に穏やかになる先生。周囲を見渡し、でも誰とも顔を合わせられない様子のテヨンの表情。学校を出て行くテヨン。


・・・自転車を走らせる後姿のシーンへ。

★カフェで再雇用の話しをするキジュとテヨン「食事はいいわ。出ましょう」の後
立ち上がる二人。店内から「お待ち下さい!もうすぐできますので」慌てて出てくる店主。「いいえ、気が変わったの。待ちくたびれちゃって。チャオ」立ち去るテヨン。店主にお金を払うキジュ。


★ラストのダンスシーンが、ちょっとだけカットされています。
日テレ版では、姿勢の良いままのキジュさんですが、足元が気になるようで、カット部分は首が下がって少々うつむき気味です。


コメント

  1. ruby-6_6 | URL | eAb5nx9M

    hiyoさん、おはようございます^^
    なんか、毎週せっせとこちらに通ったあの日が懐かしくなっちゃっいました!!
    カットシーンを紹介されて、「アレ?でもここ見たことあるぞ?」と思うのはドラマチック韓流とごっちゃになっているからなんだわ…と改めて手のこんだ仕事をなさった日テレさんに溜息です(U_U;

  2. hiyo | URL | SFo5/nok

    >ruby-6_6さん
    こんばんは!
    私も、カットシーン紹介の作業をしていて、何かあの頃の自分自身の盛り上がり加減が懐かしかったです。で、再放送なのに、同じ様にハマりこんでドラマを見ている自分にビックリです(笑)
    “手のこんだ仕事”・・・次は是非、ノーカット版放送の番組調節に使って欲しいですね^^きっと、イイ仕事を見せて下さる事と期待してます!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/140-9b623b3c
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。