スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『フレンズ』見ました。

2005年07月11日 12:39

久し振りに見る事ができた『フレンズ』面白かったです。韓ドラを見てきたお陰で、いろんな事(親子関係とか、妙に仲の良い兄弟とか、誕生日にいきなりやって来る両親とか、ぬいぐるみや花束とか、語る!とか(笑))に慣れてから見ると、第2夜もすんなり見る事が出来ました。ジフンの実家が安東なのも、『ランラン・・・』で、イ・ドンゴン扮するアジョシの実家が安東で、昔からの伝統を大切に守っている地域だと知り、さらに、ジフンの大変さを感じたり。その割には、お父さん、あっさり許しそうでしたが(笑)・・・でも、韓国の方はこう言う単発ドラマには慣れていないのかな?って言うのが、第2夜の正直な感想です。しかも、韓国サイドがラストの制作って、今思えば、どうなのかしら。韓ドラのラストは、ほぼ・・・(略)
イ・ドンゴン(やっぱり、ウォンビンよりドンゴンが好みだわ)以外にも、秋の童話のお母さん発見。イ・ドンゴンの妹役は『ロマンス』のクラス委員ですよね。ジフンの香港の叔母さんは『太陽に向かって』のジェヒョンのお母さんと言うより、オールインのパク・ソルミの側近さんと言った方が、ポピュラー?ジフンが軍隊で居眠りしてるのを起こそうとした人も、どこかで見た事あるような気がするんですが。。。似てるだけかな。それから、ドラマの中での映画の撮影シーンが『Mr.Duke』って書かれていたので、もしかして『新貴公子』の事?って期待してしまいましたが、『新貴公子』は2000年の作品でした。しかも、撮影してるのは映画ですもんね(苦笑)深田恭子ちゃんが、韓国語を話すシーンで、声がワントーン上がったり、とっても厚着に見えてしまうのは、ご愛嬌ってやつですね。

今度、チェ・ジウが出演するというドラマも、こんな感じで2ヶ国語、3ヶ国語が飛び交うドラマになるんでしょうか。普通に帯ドラマでって、結構長いと思うけど。まさか、1時間に1度泣きシーンがあったり、中国ドラマの様に、チェ・ジウだけ吹き替え(しかも、例の方で)だとしたら・・・笑う。。。お腹抱えて笑う。
韓流ブームもそろそろ・・・とも言われたりしていますが、キッパリと否定は出来ないかもしれません。期待していても、カットと吹き替えでガッカリさせられたり、古~っいドラマばっかり放送されたり、同じドラマがあっちこっちでエンドレスに放送されるから、なかなかねー。でも、日本のドラマでも、面白い!って思えるドラマは、数多いドラマの中に、たまにある程度だから、韓ドラの全てに面白さを求めるのが無理ってもんでしょう。“いろんなドラマを見る事ができる生活”それが楽しいんです。


コメント

  1. ハルナ | URL | 8U7KPG92

    この間、ここに書いたのに消えちゃったんです(涙)
    気を取り直して・・・ふたたび(涙)
    フレンズはドンゴンちゃん見たさで~~~
    それで、いいでしょ~~いいでしょ~ドンゴンちゃん!
    優しげな雰囲気が大スキです。
    ともかく見た目でコワそうな人は私にとって論外です(笑)
    彼が歌手だったって知ってたので ギターを弾いたりのシーンでは
    「おお~~~歌手っぷりを見せてんなぁ~」とか ヤジを入れながら 見ました!
    友達と妹の間に入って うまくとりなしてるなぁ~~~長男は違う!などと 思ったり~
    実生活でも長男なんで なんか そんな点に目が行きます。
    ・・・ってことで、実物もすんご~~く可愛らしい青年でした!では。

  2. hiyo | URL | SFo5/nok

    >ハルナさん
    時々、コメントの投稿が出来ない事があるんですよね。。。ご迷惑をおかけしました。すみません~。再びコメントを頂けて嬉しいです。
    放送時は、あまり話題にはならなかったのでしょうか。番組のホームページにもイ・ドンゴンの写真も無いですもんね。でも、イ・ドンゴンの穏やかな佇まいが、とっても印象に残っていました。
    お会いになった事があるんですね。あの、つるつるのお肌、あのスタイルの良さ。さぞ、美しい青年なんでしょうね~。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/150-94900aa5
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。