スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『火花』 1・2話

2005年09月25日 17:58

『星に願いを』のジュン、『宮廷女官チャングムの誓い』のチャングム、ハン尚宮様、『秋の童話』ウンソの実母、ウンソが働くホテルの女性上司、『ハッピー・トゥゲザー』の長女、『秘密』の父親、・・・等が出演の、2000年制作のドラマです。
仕事に行き詰まり一人旅に出たジヒョン(イ・ヨンエ)は、旅先で知り合った男性カンウク(イ・ギョンヨン)に惹かれ、行動を共にし、旅行最後の夜、「ソウルでもまた会いたい」とお互いの気持ちを確認し、とうとう一夜を共にする(←この表現は合っていないけど、良い言葉が浮かばないので。。。思いうかんだ言葉そのまま書けないし ボソソ( ̄。 ̄ )ボソ...)。男性の部屋から自室へ戻るジヒョンを待っていたのは、婚約者ジョンヒョク(チャ・インピョ)の父親の会社(たぶん)の支社長。迎えに来たジョンヒョクが、上の階の部屋で待っているという。何てタイミングー。一気に現実に引き戻されてしまうわねー。ジョンヒョクは、本当に心配で、好意で迎えに来たって感じだけど、“今”は会いたくないのよー。「抱きたい」なんて言われても、・・・今終わったばかりだし(失礼)。。。
翌日、ジョンヒョクに肩を抱かれホテルを出るジヒョンは、ロビーでカンウクとすれ違う。先にソウルに戻ったジヒョンは、帰国するカンウクに会うため、空港へ。しかし、そこにはカンウクを迎えに来た女性の姿が。カンウクと女性の、かなり親しげな姿を見るジヒョン。相手がいたのは、お互い様だったわけ・・・なのですが。。。
女性の存在にショックを受けるジヒョン。悩みながらも、結局カンウクに連絡を取ってしまう。お互い婚約中の身、しかもほぼ同時期に結婚式の予定と分かっても、気持ちを止める事が出来ないジヒョン。カンウクに受け止めて欲しい。けれど、カンウクの答えは・・・まぁ、理屈抜きで、本能で“好き”って事でしょうか。でも、全てを壊してしまう勇気は無いと。。。気持ちの行き場を失うジヒョン。

ジョンヒョクが、なかなか面白いキャラだわ。韓ドラの必須アイテム御曹司。ただ偏屈で横柄なだけならジヒョンを応援するんだけど、偏屈な男ジョンヒョクがジヒョンにだけは一途でジヒョンをお姫様のように扱ってて、すごーく優しいのよね。ジヒョンを信じきってて、その表情もとても良いし。それだけに、ジヒョンの裏切りが知れた日にゃ・・・あ、あ恐ろしやぁ。。。
でもジヒョンにとってジョンヒョクとの関係は、周囲とのしがらみも鬱陶しかったりするわけね。大抵、こう言う時鬱陶しいのは父親なんだけど、今回は兄で、ジョンヒョクに気を使って、何かと口うるさい。・・・その兄嫁がちょっとハジけたハン尚宮様。
一方のカンウクの婚約者ミンギョンは、女系家族で、めちゃくちゃ強いお母さん(キム・ヘスクさんじゃありません)がいて、カンウク居場所無しって感じだし。

韓ドラにしては、激しめなHしーんで、イ・ヨンエも綺麗でしたが、どうも慣れていらっしゃらないのか。動きが妙だと感じたのは私だけ・・?・・・よね・・・・・やっぱり。あんまりドキドキしなかったー。それより、浜辺では“ドコまで”だったのか・・・が、ずーーーっと気になって仕方がありませんでした。。。その後のシーンの字幕が、顔に被らない様に縦書きになっていたのには「偉いぞー」でしたね。あそこに字幕入れちゃったら、非難轟々間違い無しだし(笑)
全32話って・・・どうなんだろう。正直言って32話も何するの?って感じだけど、“大人のメロドラマ”だし。チャ・インピョとイ・ヨンエだし。←深い意味は無いけど。『星に願いを』では、アン・ジェウクよりチャ・インピョの方が好きだったので、今回も期待したりして。。。でも、ジヒョンの裏切りを知って復讐に燃えまくっちゃ嫌よー。脇の役者さんたちも、なかなか興味深い方々がお揃いなので、もう少し様子をみてみようかなと思います。・・・肝心のイ・ヨンエが旅先で恋に落ちた相手の方が私的には・・・どうにもこうにも微妙だわ


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/168-37f39f69
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。