スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

映画:『四月の雪』

2005年09月30日 14:49

あまり、映画館へ出かけてまで映画を見る事は無いのですが、今回、数人の友人と一緒に行ける事になり、出かけて来ました。
良く言えば・・・「深すぎて分かり辛かった」



・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・



何しろ、静か。
これが、この監督のカラーなのだろうと覚悟はしていましたが。場面の移り変わりが、多分私の中のタイミングと、完全にずれてしまっているのか、最後まで、その気持ちが続いて、映画全体への違和感となってしまったのでしょうか。
妻と夫の不倫が分かった緊迫感と言うか、気持ちの混乱は、良く伝わってきました。そして、同じ境遇でありながら、警戒しあうインスとソヨン。二人が同じ傷を同時に負って、愛した人の裏切りの中で味わう孤独。誰にもぶつける事の出来ない苦悩。ふと気が付くと、そんな自分の気持ちを一番理解してもらえるのが、自分の妻(夫)の不倫相手の妻(夫)だった。お互いが精神的に一番近い存在で、その傷を理解し、癒し合う気持ちが、次第にお互いへの愛情へと変わっていく。二人がインスの部屋にいて、インスの義父が訪ねてきたシーンなんて、自分達の関係も、所詮不倫なんだと付きつけられているようで、とても切なかったです。
メイキングとして放送されていた、二人がそっと手を触れ合って、気持ちが通じ合う、と言うようなシーンが個人的に好きで、あのシーンが映画に期待させるものも大きかったのですが、無かったですよね・・・?見逃した?(数回意識を失いかけたので)パートナーの裏切りを、こんな形で知ることになった絶望は、伝わってきたのですが、二人の気持ちが惹かれあう過程が物足りなくて、「私達何します?」で、いきなりホテルって言うのは。。。いえ、それなら、それ相応の、もっと、怒りとか、戸惑いとか、それぞれに芽生え始めた想いとか、そういった感情を全て吐き出して、気持ちを共有するような、そんなシーンであれば分かり易かったと思うのですが、お互い愛しそうに、大切に触れ合っているように見えて・・・。何かそういう映像の美しさだけが優先された感じを受けてしまいました。
ラスト近く、常に次こそがエンドロールか?と、立ち上がる準備万端で待機すること数分。延々と続く(サービス)映像。何を物語っているのか、私の貧困な想像力ではついていけなかった。。。そして・・・(やっと)ラスト。
『どんなに舞い降りても積もる事の無い雪』と言うフレーズで、インスとソヨンの二人の愛は成就しないのだと(勝手に)思っていた事と、そのラストに繋がるだけの、インスとソヨンの繋がりの深さや感情の高まりや時間経過の重みが、もう一つ感じ取れなかったので、あのラストは、正直・・・・・でした。「私達どこへ行きます?」目の前に続く真っ白な道・・・このシーンだけを取り出せば、二人に、どんな将来が待っているのか、未来に繋がる余韻を残す様な、素敵な一言だと思います。先の「私達何します?」の後のシーンで、もう少し気持ちに余韻を残してくれていたら。。。あのシーンがアレだったばっかりに、二人の行き先は1ヶ所しか想像できないじゃない。

題材はとても興味深く、ひとつひとつの場面だけを取り出して見ると、言葉ではなく、映像全体で感情を表現するとても良いシーンが多いと感じたのですが、短い時間に、いろんな気持ちが詰め込まれる出来事すぎて、全体が繋がった一つのストーリーとして如何かと言うと、消化不良気味な印象でした。「何食べる?」って聞かれても、お腹は空いてる気がするのに、箸は進まない・・・みたいな感じ。でも、もしかしたら、食べ始めてみると、箸が止まらなくなるのかもしれませんね。。。ヨン様の映画が・・・と言うよりも、やっぱり自分は、この監督の映画のペースが苦手なのかなー。(ホ・ジノ監督ファンの皆様、申しわけありません)
静かに進むストーリーの中に、す~っと溶け込んでいるぺ・ヨンジュンの持つ雰囲気は、とても素敵だと思いました。ヨン様目線で見てしまいがちになるこの映画で、強すぎず弱すぎず、とても良いバランスで存在を感じるソン・イェジンも良かったと思います。

「好きな季節は?」あれは、パロディーかと妙な期待をしてしまいました。ソヨンにはいっそ「夏」と答えて欲しかった。


コメント

  1. ruby-6_6 | URL | GpJA0K56

    hiyoさん、おはようございます。
    >二人がそっと手を触れ合って、気持ちが通じ合う、と言うようなシーン
    ↑私も見落としてます。…って言うことはなかった?
    期待膨らませて見てしまったので見終えてから「へ?こんなもん?」と思ってしまいました。

  2. hiyo | URL | SFo5/nok

    >rubyさん、こんばんは!
    この映画に関しては、前情報が多すぎで、勝手にストーリーを想像しすぎていたのだと思いますが、正直・・・
    >「へ?こんなもん?」
    ですよねー。友人と賑やかに出かけたのですが、見終わってから、映画の話が出来ない映画でした^^;

  3. mayu-mayu | URL | -

    四月の雪 私も観て来ました。
    私は 今住んでるところに引越してきて1年半で
    まわりが ぜんぜん韓国ドラマの話をしてないんです・・
    で、一緒にPTAやってる方で かねてから
    「映画がすき」と言ってた仲良しの人と行ったんですけど
    かなり感想は辛口でした~
    「私の頭の中の消しゴム」も誘いたいんだけどなー
    hiyoさんの 箸の例え、すごくよくわかります。
    ホントそんな感じ。
    季節を尋ねる場面と 降り始めた雪を見上げる場面は
    冬ソナファンへのサービスですかね・・。

  4. hiyo | URL | SFo5/nok

    >mayu-mayuさん
    こんにちは!
    『四月の雪』は、必要以上に、ヨン様ファンを意識しすぎたのかしら、と思ってしまいますね。私の中では、思っていた以上にソン・イェジンが良かったので、『・・・消しゴム』楽しみです。日本のドラマのリメイクだから、感情も入りやすいかなー?と期待しているんですが。。。

  5. boss777 | URL | ktzn0Ag.

    hiyoさん、こんばんは!
    かなりの出遅れで、今ごろ見てきました。
    見るまで、hiyoさん'sレビューは封印してたので、今拝見して、「そ~そ~」と手の平をこぶしで叩いてます。
    メイキングでよく見たシーンは「いつだ?いつだ?」って構えていたので、「ありませんでした!」断言。
    好きな季節・・・イェジンには「夏」ね!いいね♪

  6. hiyo | URL | SFo5/nok

    >boss777さん、こんにちは!
    あれだけ、アッチコッチで流していた映像を丸々カットって、かなり大胆ですよね。あの大々的な前宣伝は何だったんだー?って感じ(苦笑)
    好きな季節・・・そんな事を想像してしまうくらい、集中して見られなかったってことなんデス^^;

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/170-3e85da6c
この記事へのトラックバック

四月の雪

早速(でもないけど ^^;)『四月の雪』を観てまいりました。今日はレディースデーということもあって女!女!!女!!!(おばちゃん!おばちゃん!!おばちゃん!!!←自分はこの中には入れていない(≧m≦))とっても近くにシネコンが出来たので、「仕事は午後から♪」の旦那も行ってみ

『四月の雪』

韓国映画を 今住んでる地方の映画館で観るのは 初めて!自転車でも行ける距離に 小さくても 映画館があるのは 良いところなんですけど・・・・なにしろ うちの近所の映画館 こわいんだもーん。どんなふうに 怖いかとゆーと、1歩 足を踏み入れたら  二度と

映画 「四月の雪」

公開から随分たってしまいしたが、やっとやっと出かけることが出来ました。今一との評判を目にすることが多く、あまり期待せずに行ってきました。感想は?というと、と~~っても、わかりやすい映画でした。映画鑑賞後いつもなら、「あのシーンのあれって何だったの?」とか



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。