スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『白雪姫』 11・12話

2006年01月04日 12:41

もう、どうにもこうにも面白い!毎週毎週面白すぎです。
PC眺めてニヘラ~って笑ってるハハに、冷たい視線のコドモ。。。
日本の話題が出てくるのも、このドラマに親しみを感じる一因かな。おぉ~、ソヌの憧れはRyuichi Sakamotoではないですかー(^^)
<<11話>>

これでヨンヒとソヌの事にジヌが気付くのか・・・と思っていたら、ジヌ、「何やってるの?」って、のこのこやって来ちゃったわ。空気読めないかな~(苦笑)会話も聞いちゃいないってわけかしらね。母親が帰って行ったから、ソヌを慰めていたって誤魔化すヨンヒに面白くないソヌ。
やっと、何となくだけどヨンヒを意識し始めたジヌ。初めて、ヨンヒには好きな人はいないのか?って聞くのよ。「ず~っと好きだった人がいたけど、今は他に好きな人が出来た」ヨンヒに自分以外の特別な存在の男性がいるって聞いて、どんより悩んじゃってるよ。って言うか、今までそう言うことを考えなかったジヌもジヌだけど、やっぱり、それがジヌなのね。ジヌもどうやら、本当の愛情を知らないって事なのね。自分の中での理想を追い求めて、何だか勝手に作り上げた想像だけが出来上がっちゃって、現実の自分の気持ちと結びつかなかったって感じ。
元気の無い“友人”ジヌを元気付けるヨンヒ。ヨンヒの姿をずっと追ってるジヌ。・・・それでも、まだ気が着かないかー?(爆)気になるのは好きだからって同僚にサラっと言われて、やっと気が付いたらしいですわ。。。
昔のビデオを見て、一緒に写ってるその頃の彼女の事、名前も覚えて無いジヌ。でも、ヨンヒがどんなにジヌの事を好きで、尽くしてくれてたか、自分がどんなに残酷な事をしていたのか、や~っとや~っとや~っと気が着いたね。しっか~し・・・。

時すでに遅し。

ヨンヒの気持ちはソンちゃんよ。邪魔が多くて、なかなか二人の思うような良いムードにはならないけど。・・・すっかり立場が変わっちゃったヨンヒとジヌ。「友情に期限をつけるなら一万年」ってヨンヒはしみじみ、本当にジヌが友達で良かったみたいに言ってるけど、ジヌは・・・言えなくなっちゃったね。
ヒウォンとの結婚も白紙に戻す事にして、さすが、ジヌさん。自分の心が決まったら、早速ヨンヒに「俺を男として見てくれ」って言ってるわー。ジヌは行動がストレート。あらあら、案の定、ソヌが聞いてるじゃないー!


----*----*----*----*----*----*----*----*

<<12話>>

ヨンヒがどれだけジヌの事を好きだったか、ずっと見てきたソヌだから、ソヌにとってもジヌの言葉は重く圧し掛かるわー。
ヨンヒが勤めるお店に行ったソヌ。だけど(お約束の)すれ違いになっちゃって。しかし、ジヌは一体何処へヨンヒを連れて行ったんだ?ケーキ持込みしてるよ。
ジヌの結婚話を聞いて、阻止しようと訪ねて来たヨンヒ母。ジヌは長い付き合いで、ヨンヒ母のお気に入りなのね。食事したりカラオケに行ったり、ヨンヒ母はすっかりその気。ソヌはヨンヒ母からすっかり子ども扱いされちゃって。イロイロ言われたもんだからお母さんに気に入られるようにイメチェンよ。言葉は少ないけど、「お母さんが嫌がるから」って頑張るソヌが可愛い~。
やっとヨンヒへの気持ちに気がついたジヌだけど、鈍感ジヌのお陰でヨンヒがすごーく辛かった時、そこから救って笑わせてくれたのはソヌの存在で。ヨンヒとソヌのラブラブな感じが、すごく可愛いよね。恋の始まりのドキドキ感って大好きだー。
バスで別れて、何度も振り返って手を振るヨンヒと、両手で一生懸命手を振るソヌがほのぼの~。会うときは少しでも早く会いたくて、別れる時は別れがたいの。
でも、ジヌがヨンヒ無しじゃダメだって気付いて、ミナコもソヌ無しじゃダメみたいな訳ありで。それに、ヨンヒとソヌ二人の年齢の事も。。。女性が年上って、抵抗があるのかな。・・・弟より3歳下って言うのは、多少気になるかも。いろんな事で、年齢差を感じちゃったり、話が通じなかったり。。。

ジヌは、自分の気持ちに素直で、ヨンヒが「好きな人ができた」んだって言っても、ヨンヒを離せないのね。「ヨンヒに一万年仕えるよ」って、早速プロポーズだわー。早っ。
いつもならこういう時、嫌味な位に絶対外さないジヌだけど、本気の時は、自分の気持ちを表す言葉を見つける事が出来なかったか。と言うより、本当の気持ちを言葉にして表現するのは難しいんだって、やっと分かった?自分で「寒い」って反省してるし(笑)あれほど待ち望んだジヌからの「愛してるよ」の言葉も、今となっては、ヨンヒには気が重いばかり。。。
ヨンヒは着信音も変えちゃったみたいだしね。けど、有り得ないくらいに鈍感ジヌだから、ヨンヒとソヌの事も、なかなか気が着かないんだろうね。いや、残念ながらあと数話で終わりだから意外と早く気が着くか?

パートナー同伴の同窓会。ミナコがソヌを同窓会に誘うヨンヒからのメール消しちゃった。でも「ソンちゃん、ごめん」って謝らずにはいられないミナコも、可哀想だったわ。
ソヌは同窓会に一緒に行こうとして待ってたのに、偶然とはいえ先にお店に来たジヌが、ジュリの誤解でヨンヒと一緒に行く事になっちゃった。ジュリにもソヌの事をまだ話せないのね、ヨンヒ。ジヌと一緒の同窓会で、居心地が悪くて早く帰ろうとするヨンヒに寂しそうなジヌ。でも、ヨンヒが“彼”と一緒に行かなかった事を、ジヌ的にはちょっと安心材料に思ったりして。
自分の気持ちにさえ鈍感すぎたジヌだけど、ヨンヒがいつも当たり前に側にいすぎて気が付かなかったって、分かる気もするのよね。ソヌの存在でヨンヒが変わったから、二人の間の空気が変わってやっと気が付いたんだもんね。ヨンヒのあの時の告白が、間違えないでジヌだったら・・・どうなってたんだろう。でも、ジヌ~、今となっては、遅すぎなのよ、やっぱり。ヨンヒの気持ちの変化は止められないでしょ。
ヨンヒを送って帰って来たジヌを見たソヌは誤解して、一人飲みに行っちゃったよー。ソヌが会わずに出て行った気持ちもすごーく分かる。でもヨンヒ、本当に具合わるいみたいで、何度もソヌに連絡するんだけど、賑やかなお店にいるソヌは着信音に気が着かなくて。(着信記録はちゃんと残るんだろうか???)結局、「仕事前に声が聞きたかった」ジヌがヨンヒに電話してヨンヒの異常に気付いて、生放送の本番直前なのに、仕事すっぽかしてヨンヒのところへ駆けつけちゃったー。愛の為に全速力で走る男の姿は大好きだけど。。。うっわ~、これってもの凄い大問題に発展だよね。しかも、ヨンヒの為に仕事すっぽかすの、たしか初めてじゃないし。どうなるのよーーー?

それにしてもヒウォン。ジヌからも別れを告げられ、新しいターゲットからも整形を理由に拒絶されちゃって。でも「整形美人はたくさんいるけど私は一人だけ」って前を向いて言える強気のヒウォン、嫌いじゃないわよ。
ミナコはとうとうソヌの相手がヨンヒって気が着いた(か?)。ソヌは絶対に自分から離れないって自信満々だけど、ヨンヒにも懐いてるミナコはどう出る?・・・って言うか、ミナコは何故そんなに自信満々なんだっけ?そして、怪しい日本語の男と一体何を画策してるのかも気になるわ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/191-1ec79bf6
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。