スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1%の奇跡』 7話

2006年01月24日 10:24

エレベーターの前にいた人が、一瞬、つぶやきシローかシャ乱Qのマコトに見えて、ビックリしてまった。ありえないのに~(爆笑)

#7:特別な褒め言葉、お前はメギツネだ
なかなかやって来ないタヒョンを待つ、チェインとヒョンジュン。「道に迷ってるんだろう」って、いつもの短気さは何処へ・・・?(笑)遅れても、タヒョンはちゃんと来るって信用してるのね。
タヒョン髪型も変わってるから、かなり待たせた模様だし。
チェインとヒョンジュンの会話を聞いてしまって、真っ赤なセクシードレス姿でご登場のタヒョン。
もう、チェインったらイス倒すくらい焦ってビックリしちゃってるわ。
「先生らしくない、いやらしい服だ」なんて言って怒っちゃって、他の男性がタヒョンを見る目が気になって、落ち着かないし、チラッとタヒョンを見たウエイターを威嚇してるし、「きれいです」って鼻の下長くしてタヒョンを褒めるヒョンジュンも、早く帰らせようとするし。

「他のやつやヒョンジュンが見る」
「他のやつやヒョンジュンが見る」
「他のやつやヒョンジュンが見る」

って言って無理矢理、自分の上着を着せてタヒョンを隠そうとしてるじゃない。そんなチェインの気持ちに気がついて、可笑しくて仕方が無い風のヒョンジュン。そして、私。
可笑しいと言えば、後のテーブルで揉めてるカップルも可笑しかったわ。焼肉屋でもそうだったけど、周りの人達の小芝居も面白いドラマです。


タヒョンが自分達の会話を聞いていた事に気が着いたチェイン。大急ぎで帰って行くタヒョンを追いかけて、悪口じゃないって言い訳。。。
「褒め言葉なの?」って聞かれて
ちょっと困ったような顔で、
「・・・・・ウン」
・・・か、可愛すぎる~。
「そんな格好するな。心臓に悪い」
・・・心臓に悪いですって、心臓によ。
なかなか素直にチェインが陰口を言った事を謝らないから、上着を脱ぐタヒョンを見て大慌てのチェインも可愛いー。
野暮ったくて平凡なタヒョンが気に入ってるわけね。いつもの服に着替えたタヒョンを見るチェインの目が、もう、完全に恋してるわ。髪型はチェイン好みになったみたいだし。
うん、このストレートヘア、よく似合って可愛い。キム・ジョンファは白雪姫でも素晴らしい変身を見せてたけど、髪型だけで、イメージをこれだけ変えられるのって、得よね。

あれ、チェインの職場、模様替えしてる~。
ってか、引っ越してる?(爆)
チェインの出入りが見え易いように変えたのかしら。韓ドラのこんな思いつきのアバウトさ加減が好きだわ。


チェインが一度は決裂して家まで出たのに、何故今度はハラボジの条件を飲んだかがわかったね。今テハが働いてるデパートは、元々はチェインの父親が始めたもの。だから、デパートをテハに渡さないために、ハラボジの条件を飲んだのね。ハラボジも、チェインがそう思う事がわかってて、チェインが引けないように、テハの名前を入れたのかしら。


そして、突然、タヒョンの家を訪ねてきたのは・・・カン先生の父親!
親子揃って、行動がいきなりだわ。カン先生の父親もすっかりタヒョンを気にいちゃって、お嫁に欲しいって。タヒョンの両親もタヒョンの事をこれでもかって位褒められて、悪い気はしないよね。
しかも、カン先生の実家は病院。
条件も申し分ないし、オンマはすっかりカン先生派。
アボジは
「一人は家が良すぎるし、、一人は惚れすぎてる」
って、静観するのかと思ったら、やっぱりカン先生派なのね。
いきなり、家族を巻き込む結婚話に発展して、悩むタヒョン。チェインとの関係は、今のところまだ“契約交際”なのよね。“結婚はしない”も最初の条件だったし、二人を同じ様に考える事って出来ないでしょ?


「会長の本心はお前を愛してる」ってチェインに話すヒョンジュン。好きな人に素直になれないチェインの気持を察して、
「彼女があの格好をすると、頭にくるだろう。女は適度にセクシーな方が俺は好きだ。でも、死んだ母さんやチェヨンは隠しておきたい。愛してるから」
ってチェインの気持ちを非常に分かり易く解説して頂きました。
・・・そう言うことなのだよ、チェインくん(^^)も、ほんと、ヒョンジュン、良い男だねー。チェインをちゃんと理解して、チェインに足りない部分をちゃんとフォローできる男。

チェイン父の命日。
食欲が無く、元気の無いハラボジ。
チェインを心配して、部屋を訪ねるチェヨン。父親が亡くなった時幼くて、父親の記憶がほとんど無いって悲しむチェヨン。
「もう少ししたら、写真のパパより私は年上になる。その時は本当にパパを忘れてしまいそう」
って話すチェヨンに
「ただ心の中にしまっておけばいい。もし忘れても、誰も責めない。大丈夫、忘れてもいいよ」
って。
記憶の中で忘れて思い出せなくなっても、大切な事は、チェヨンの中にも、もちろん、チェインの中にもちゃんと残ってるんだよね。
最期までお見舞いに来なかったというハラボジの事を「パパが憎かったのかな?」って言うチェヨンに、父親が死の直前に残した言葉を聞かせるチェイン。「母さんとお前を頼むって。それから、ハラボジの事も頼むと。」チェインは、ちゃんと分かってる。ハラボジとチェイン父は、決して仲たがいしてたわけじゃないって。
「人生に“もしも”は無いよ、ハラボジ」
もしも、あの時・・・。って、ハラボジが後悔してるって、ちゃんと知ってるのね。そして、そう言うことがあったからと言って、チェインがハラボジを恨んだりもしていないって事だよね。そして、人生に“もしも”は無いって知ってるチェインだから、多少(かなり)強引に思えるやり方でも、自分の思うように後悔しないように、前に向かって進んで行くのね。ハラボジを拒絶してるわけでは無くて、父親がハラボジの財産を捨てて母親を選んだから、自分にもハラボジの財産は必要無い、自力で頑張るって事かしら。カッコいいじゃん、チェイン。

二者択一ってわけではないとは言え、チェインの事を意識しはじめるタヒョン。チェインの顔をじ~っと見てるよ。・・・私も気の済むまで見て見たい...obaka
いや、顔見たからって、チェインの良さは分かんないって(笑)チェインに「この世で一番大事なものは?」って聞いてみるタヒョン。・・・うんうん。同じ価値観って大事よね。チェインの答えは・・・
「お金が一番大事」
タヒョンじゃなくても引く答えだよね。でも、家のお金はハラボジのものだから、自分は自分の力で財閥になりたいんだって、ちゃんと頑張ってるのよ、チェインは。人の一部分だけを見て、全てを判断しちゃいけないわよ、タヒョン(笑)
今日もまた、チェインの言葉に呆れかけたタヒョンだけど、チェインがぶつかりそうな子供を身体を張って助けて、その様子がとっても優しくて、見惚れるタヒョン。チェインも、子供を助けた自分の行動が、特別な行動じゃ無いって思ってるところが良いよね。
そう、チェインは優しいんだよ。
外では、自分で財閥を作りたいって位の意気込みで、ひたすら一人で戦ってるから、必要以上に攻撃的だけど。母親とチェヨンの前で見せる優しさや思いやりは格別なのよー。
インラインスケートの出来ないタヒョンにちゃんと付き合って、
転んだタヒョンの為に、絆創膏を買いに行ったりして、今日のデートは良い感じだよー。

タヒョンから「私と合うのはカン先生。似たもの同士で苦労は無い」って聞かされて慌てるハラボジ。チェインの事を「よく見れば、気に入る所もある」って言ってみるものの、「1つもありません」って撃沈されちゃったよー、ハラボジ。でも

「1%の可能性はある。少しでも可能性があれば見捨てません」

って聞かされて、チェインをプッシュするハラボジ。タヒョンも、ちょっとハラボジの話に乗ってきてくれるようになったね。


チェインをヒョンジンに紹介する事にしたタヒョン。
チェインとヒョンジンが二人でいる所を見て、チェインの噂の相手がヒョンジンだって勘違いしたテハは、ヒョンジンを探り始める。
いきなり会議を任されたテハ父。動揺しすぎ(笑)テハが成長するまでの間、この人、どうやって仕事してたのー?テハ母も、いつも会社にいるのね(笑)
タヒョンがヒョンジンの事を「裸の男の相手をする」って紹介するから、もう、チェインの表情ったら。タヒョンがからかいたくなる気持も分かるわー。
病院へ呼び戻されたヒョンジンを送って、タヒョンとも別れるチェイン。でもタヒョンに渡すものがあったチェインが病院へ戻って、ヒョンジンと親しそうに話すチェインの姿を見たテハ。二度も見ちゃって、完全に誤解したわよね。って言うか、テハ、病院までチェインの車を着けて来たの?ご苦労なコトです。

今まで会話には出ていた、タヒョンの兄登場。何だかさわやか~なお兄ちゃんだわ。
ヒョンジンに聞いて、喫茶店にいるタヒョン達に会いにやって来たタヒョンの兄、ソヒョン。一人で座ってるチェインを見つけて「タヒョンさんは?」って声をかけるものだから、もうチェインの顔色が変わってるし(笑)「タヒョンと同じ家に住んでます」って早速からかわれてるわチェイン。でも、お兄ちゃんー。チェインには、タヒョンに関してのそんな冗談、通じないんですけどぉー(笑)
席に戻ったタヒョンがソヒョンを見つけて「オッパー♪」って、嬉しそうに駆け寄るものだから、
抱き合いそうになる二人を阻止!
身体を寄せて話しかけようとするタヒョンの動きを阻止。
嬉しそうに話すタヒョンとソヒョンに向かって

「ウリタダから離れろ」・・・ウリタダだって~

チェイン、今日もヤキモチ焼いてキレまくりよー。「オッパ」は、本場韓国の人でも間違える位、ややこしいのね(笑)ソヒョンがタヒョンの実の兄って聞いて、呆然のチェイン。しょんぼりしてるの。いつも座るとこじんまりして見えるチェインが、さらにさらに小さくなってて、面白すぎるー。・・・チェイン、期待通り今回も笑わせて頂きました。
初対面で無礼者のチェインだけど、笑顔で嫌味なくサラッと「少し感情を抑えて」って言えるソヒョンオッパ。爽やかだわー。
何気にこのドラマ、俳優のレベルが高いわよね。何のレベルって、
ビジュアルです!←言い切ってるし...
好みは別として、ヒョンジュンも、なかなかだし。テハも、まずまず。
カン先生も・・・ま、まあまあだし。こう言う事も、ドラマを楽しむ大事な要素でしょ?ね?(笑)


ヒョンジンはソヒョンの事を慕ってるっぽいね。でも、ソヒョンは、本当に妹みたいに思ってる感じで、「恋人が出来たら紹介しろ。男は男が見極める」って、とっても爽やか~な笑顔で話してるけど。。。

タヒョンに、携帯を渡すチェイン
「今時持ってないのはタダくらいだ」
おっと、今「タダ」って呼ばれたのに、普通に聞き流したわね、タヒョン。二人とも(特にチェイン!)何故気付かない、その大切な変化に。「他に誰もかけて来ないのに無駄使いだ」って言うタヒョンに、「望むところだ」って嬉しそうなチェイン。でも、タヒョン・・・「何が?」って(笑)「やたらに番号を教えるな」って言い聞かせてる感じも、良いわね~。

∑(゚□゚;!!!気がついたらこんな長文に・・・。今年は、もうちょっと簡潔に書き上げる練習もしてみようかと思います。。。

またも、予告がすでに面白い!けど、チェインの怪我はいったいどうしたのー?

LaLa TVも、2話づつ放送してくれるようになれば良いのになー。
ついでに、途中のCMも無くなると良いのになーっと。...このドラマに関してはCM無しの放送もあるけど。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/203-4ccc4aa4
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。