スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1%の奇跡』 8話

2006年01月31日 12:17

#8:Don't Give Up 男なら諦めるな
タヒョンに携帯を渡して帰り道、早速嬉しそうに電話してくるチェイン。「もっと早く買えば良かった」だって。いつでも気軽に電話して声が聞きたかった?(笑)タヒョンに贈った携帯のメモリ全部にチェイン、自分の番号入れてるって(笑)やる事がストレートで分かり易すぎて、可愛いんだよねー。
気をきかせて、タヒョンの写真をチェインに送ってあげるヒョンジン。ヒョンジンも本当にやる事にソツの無い良い子。送られたその写真を見たチェインの反応が・・・・・。

もうもう、可愛すぎる。
1回閉じて、もう1回見直すとこなんて、最高に良いわ~。

何だか、何でも可愛いって言っちゃってるけど。。。本当に可愛いいのよ。男32歳の設定的には、正直どうよ、って感じなんだけど、カン・ドンウォン的には、彼がこう言う可愛いキャラだとは想像してなかったので、とにかく可愛いを連発してしまいます、私。(『威風堂々な彼女』の素朴な医者役も好きだけど)

2学期が始まったね。
チェインがかけてきたタヒョンの携帯に、勝手に出るカン先生。チェイン、怒る、怒る。カン先生ったら「口の悪い男だ。僕の方がいい」とか言っちゃって、チェインに聞えてるってば。
でも、タヒョン・・・
「タダです」
って出たわよ。自分で、チェインに「タダ」って言ったわ。これって、大事件でしょ?「タダ」は家族が呼ぶ呼び方って言ってたのにー。でも、お怒りのチェインは、そんな大切な事に、全然気付かないし、タヒョンも自分の変化に気が着いてないわけね。
カン先生が電話に出たのは、二人が側にいるからって、チェイン、すっごいヤキモチだー。
「学校を移れ、俺が嫌がってるのに。あいつと一緒なんて嫌だ。あの教師があんたの横にいるなんて、胸くそ悪い」
かなり、ストレートに気持を言ってるんだけどねー、ココまで言われて、タヒョンも深い意味だとは思ってないんかいな。でも、チェインはタヒョンに謝られて、それだけで、すっかり機嫌も直って嬉しそうなの。


げっ、タヒョンがチェインと約束してるってしてるくせに、またも家に上がりこむカン先生。タヒョンは気が無さそうだから、とにかく親に取り入るって作戦か?ず~っと恋煩いのまま、自宅に引きこもって寝込んでてくださいって感じよ。
・・・でも、両親は完全に、カン先生派なのよねー。
弟の助言を素直に聞いて、二人の良さを書き出して論理的に考えようとするタヒョン。あらら、チェインの良い所が・・・無い?
でも、ヒョンジンが良いアドバイスをしてくれたわね。
「大切なのは気持。心惹かれる男性が本命」
「簡単そうだけど冒険みたい。危険も伴うし」
「人生は冒険よ、危険はつきものだわ」
そうそう。好きだから、嫌な所も見えて来たりもするのよ。好きになったら、嫌な所もあるその人を、嫌な所もひっくるめて好きになるのよ。

テハのデパートでお買物中のヒョンジン。テハがヒョンジンだと気が着いて、ネクタイを選ぶヒョンジンにアドバイスしてきたわー。「若い方へのプレゼント」って、チェインに贈るんだと勘違いしてるよねー、当然。・・・ヒョンジンの人生にも危険が接近中?
チェインの相手をヒョンジンだと、完全に勘違いしてるわ。お陰で、ヒョンジンはテハ一家からいろいろ調べられてしまう事になったんでしょ。ヒョンジンが巻き込まれたら、自分の事以上にタヒョンは怒るわよ。

オンマがカン先生の事を調べてみると、相手として申し分無し。あぁ、両親はすっかりカン先生で、その気になってるわ。アボジは「タダにとって、何が一番大事かを考えないと」って言ってるけど、そのアボジだって、
財閥なんて、悪い事はあっても良い事無し
・・・って思ってるものねー。しかも、オンマは「お婿さんを貰いたいの、娘は失いたくない」って・・・正直な気持だよね。オンマの言葉に、大きく頷くアボジ。でも、ソヒョンが「財閥も悪くない」って言ってたって知って、ソヒョンがそう言うならって、二人を招待する事に。

チェインに、家に来て欲しいってなかなか言えないタヒョン。
「あの・・・」から進まないタヒョンの言葉を息を止めるようにして聞こうとしてるチェインが、もう、面白いー。なかなか言えなかったタヒョンが口走った言葉が

「私達結婚するかも」

・・・そりゃ、チェインじゃなくてもむせるわね(笑)
タヒョンの家に招待されて、嬉しそうにしてるチェイン。でも、タヒョンが言いたかった事って、チェインがちゃんと説明しないと、カン先生と結婚させられてしまうから、何とかして、って事じゃないの?・・・カン先生と比べるために招待されてるとは、知らぬが仏。

タヒョンの家を訪れる日。
チェインったら、ご機嫌だから、部下の皆さんにも「皆さんも早く帰るように」って声をかけちゃってたりして。

それなのにー、何てことー!

ホテルのお客さんと従業員のトラブルに巻き込まれて、携帯は水没。警察にまで連れて行かれて、タヒョンの家に行けなくなっちゃったよー。タヒョン、そんなにチェインの事が気になって待ってるのに、携帯を手放しちゃダメよ。チェインから連絡が入るに決まってるでしょ?
お陰で、チェインが連絡も無く来なかったと思われて、カン先生はポイント稼ぎまくりだし。タヒョンが、チェインと生徒の事で契約したって知ったカン先生「キョンウンは自分が援助する」とまで言い出しちゃったー。
・・・ったく、チュニョン、余計な事をべらべらと。。。
でも、そう言う話しをするくらい、カン先生は家族に気に入られちゃったわけね。カン先生、チェインと結婚したらあーだ、こーだとタヒョンを脅かしてるよー。自分とは、穏やかな暮らしが出来るよって。
「結婚とは、似たもの同士が愛し合い生きていくことだ」
・・・そうね、100歩譲って、似たもの同士って言うのは大事かも知れない。だけど、それだけじゃ、ダメなのよ。
二人が愛し合わなければ
で、カン先生は却下なんだってば。
タヒョンに「考えて見ます」って言わせたのは、カン先生の誘導尋問みたいなものよ。そうでも言わなきゃ、帰んないでしょ。タヒョンは今、チェインが来なかった事しか、頭にないんだから。

警察から出て、インチョンにやって来たチェイン。タヒョンの家の前を通ったのに、家の外に出てチェインを待ってたタヒョンとは、すれ違い。。。チェインが、ヒョンジュンの車で来ちゃったから、タヒョンには分からなかったんだよー。タヒョン、携帯の電源を入れてたら、電話が無くても待ってしまうから、気持を振り切るように、電源も切っちゃったね。
翌日チェインが電話したときのタヒョンの携帯には、何て書かれてたのー?画面がアップになって、何かを物語ってるんだから、ココの字幕も入れて欲しかったわよー。充電切れなのかな~?
チェインがタヒョンに携帯を渡して、これからは簡単に連絡を取り合う事が出来るって喜んでたのに、全然連絡が取れない。コレって、携帯が無くて連絡が付かないよりも、もっと距離を感じる出来事だよね。

チェインが来なかった事をハラボジに相談するタヒョン。「女性の家に招かれて来ないのは、気が無いからですよね」って聞かされて、いても立ってもいられず、チェインを尋ねるハラボジ。
チェインがタヒョンの家に行かなかった事を怒るハラボジ。
・・・チェインは、何故ハラボジが知ってるのか、気にはならないのかしら?今はそんな事気にする心の余裕も無いのかな・・・。
「タヒョンとは10ヶ月交際する契約がある」と、契約を口にするチェインに、だからと言って、「10ヶ月間、タヒョンが待ってると思ったら大間違いだ」って。ハラボジがチェインの所へ急いで行くほど、タヒョンは沈んでたんだねー。チェインは大切な孫だから、ハラボジが大好きなタヒョンと、幸せになって欲しいって思ってるんだよね。1%の可能性を、何もしないで逃して欲しくはないんだよ。

チェインが来なかった事が、自分へのチェインの気持だって落ち込むタヒョン。連絡が付かなくて、どうして良いか思い悩むチェイン。
周りで二人を見てるヒョンジンもヒョンジュンも、本人よりも、タヒョンとチェインの気持に気が付いてるから、それぞれの気持を大切に、しっかり後押ししてくれるのよね。

あんな風に約束を守れなくて、タヒョンの家族からも、良くは思って貰ってないかもしれない。だからって、タヒョンの事をこのまま諦めたりしないのよ!頑張れチェイン!
タヒョンに嫌われないように、あれこれタヒョンに謝る練習をしてるチェインが可愛いわ。チェインも、すごく悪い事をしてしまったって分かってるから、タヒョンにどう言って分かって貰ったら良いのか、わからないのよね。
でも、タヒョンの声を聞いたら、顔を見たら・・・言葉が出ないのよー。取り繕った言い訳なんて、出来ないわよね。


今回の第二の主役は携帯電話。しかし、日付が・・・。韓国って8月には2学期が始まってるの?今日の素朴な疑問


コメント

  1. boss777 | URL | ktzn0Ag.

    二人の気持ちがググッと近づく回ですよね~。
    ていうか、タダが色々気付けてないというか・・・。チェインは明らかに・・・なんだけど、言葉には出せてないというか。。。あ~~どうなってるの!?
    ヤキモチ焼いてるチェインは確かにかわいいけど、それだけじゃだめだよね~~。
    携帯渡した後の二人はホントいいよね~。ニンマリしちゃってね。
    やっぱ、32歳の設定に違和感感じます?私はかなり感じました!
    テハがそれ位ならわかるんだけど、それより兄貴ってことなんだよね~。見えないです!これは設定ミスだわ。

  2. hiyo | URL | -

    >boss777さん
    二人とも『契約』に縛られちゃってる感じですよね。タヒョンも鈍すぎー。もっとチェインの言葉にドキドキしてよ~って感じです(笑)
    32歳って言う設定は、どうにもこうにも。。。カン・ドンウォン、この翌年の映画『オオカミの誘惑』では、かなりカッコいい高校生役ですからね。・・・・・深く考えないようにしよう(苦笑)

  3. SOPHIL | URL | -

    こんにちは
    私はこのあたりからこのドラマが好きになってきました。
    それまでは義務で見てました。^^
    チェインもがんばり始めましたがカン先生の行動にはイライラさせられました。

  4. hiyo | URL | SFo5/nok

    >SOPHILさま
    コメントありがとうございます。
    前半は我慢・・・の韓ドラ、多いですよね。前半面白くて、後半失速っていうパターンも多いですが(苦笑)
    カン先生、本当にイライラしますっ!・・・けど、とんとん拍子に話が進んでも、面白くないかな。複雑な思いです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/208-140f004c
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。