スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『1%の奇跡』 10話

2006年02月15日 00:39

実は先日、映画『オオカミの誘惑』を見てしまいまして、何だか今は、正気でカン・ドンウォンを見てられ無いのですわ。。。そんな中10話です。

#10:合法的に彼女に会う方法 まずはひざまずけ
「言えよ、俺はバカな真似をしてるのか?・・・コレは俺の独り相撲か」
タヒョンに自分を思う気持ちが無いなら、簡単じゃないけど諦めるって。潔すぎだわ、チェイン。でも、恋愛は二人の気持ちが大切。二人で進みたいって言うチェインの気持ち、嬉しいじゃないのー。
タヒョンは、自分の気持ちはハッキリ言わないけど、でも、チェインに諦めるって言って欲しくないのね。「望みが高いぞ。俺にそうしろと言うのか」・・・ハイ。そうして欲しいです。
チェインの事は「まだ良く分からない」・・・なにしろ、大好きな両親がチェインの事は大反対なんだもんね。自分の気持ちだけで進めないのよね。でも、カン先生に情が移ったりして無くて良かったわ。

「じゃあ、俺には惹かれる?」

・・・って聞くチェインに惹かれないで、一体、誰に惹かれるというの、誰か教えてーーーヽ(´▽`)/
朝日を見ながら、タヒョンの肩を恐る恐る抱くチェイン。いつもなら絶対怒られてるもんねー。でも、お互いの気持ちをちゃんと話して、ちょっと前進。。。本当にちょっとだけど、この進まない二人には大きな前進・・・と、信じたい。
帰りの車で、チェインを気遣うタヒョン。自分が運転できなくて誤るタヒョンに
「大丈夫。俺が出来るから良いよ。大丈夫」
何気ないチェインの言葉だけど、こういう言い方好きだわー。ボソッと言った「ケンチャナ」が、本日のツボでございますー。

心配してタヒョンの帰りを待つ両親。両親を心配させないように気遣うソヒョンに、思わず怒ってしまう位の、アボジの怒り。
タヒョンを送って来て
「タダが怒られるより、俺が殴られた方がマシだ」
って言って、家の中まで送り届けるチェイン!素敵すぎる。
二人の行動に激怒のアボジは、「生徒の援助にかかった費用は、この家を売ってでも返すから別れてくれ」とまで言い始めてしまったわ。でも、ただ、チェインが気に入らないって言う自分の気持ちを押し付けてるだけじゃなくて、チェインと結婚すると、タヒョンが背負わなければならなくなる、いろんな事、それが許せないんだよね。
「娘には人を大切に思う、平凡な男性と結婚してほしい」
タヒョンの事を思うアボジに感動しちゃったよー。オンマも、目に涙をいっぱい溜めて朝食のお弁当を渡して、でも、チェインと連絡が取れないように、携帯を取り上げちゃった。
でもね、チェインの事を反対して聞く耳を持たない状態だけど、それでも、両親の事を悪くは思えないのよ。本当に、タヒョンの事を心から心配してるっていう温かい気持ちが伝わってくるから。

とうとう、タヒョンの事が・・・じゃなくて、“チェインと交際中の女性”と遺言状の件がテハ一家に知られてしまいました。
「いつもおじい様は、チェインに先にチャンスを与える」
って悔しそうなテハ。本気で巻き返しを図ろうとしてる?だけど、テハが知ってる“チェインと交際中の女性”は人違いだよー。

二人の事を心配して、チェインを尋ねるソヒョン。チェインも良いけど、ソヒョンも良いわー。(誰も聞いてないですね。スミマセン(笑))
「父は愛情を持てない相手を殴りはしません」
なんて言って、チェインを諭しに来たのかと思ったけど、そうでは無かったみたい。
・・・チェインとソヒョンオッパ、同じ年だったのかー。タヒョンの兄弟3人とも、結構歳の差のある設定だわね。32歳・26歳・18歳・・・かな?

チェインを遠ざけるため、カン先生にタヒョンの事を頼むアボジ(゚Д゚)
チェインとタヒョンは連絡も取れなくなっちゃって、毎日毎日タヒョンの家に通うチェイン。チェインが毎日通って来て、チェインのタヒョンへの気持ちは認めると言うアボジ。でも、反対なのは、チェイン自身の問題(もかなりあったと思うけど)じゃなくて、チェインの“家”の事。もう、こればっかりは、チェインでもどうし様も無いじゃない?

カン先生は、毎日タヒョンを送ってたのよねー。学校中でものスッゴイ噂にはならないのー?生徒の前で、毎日堂々と二人で帰って行く同僚教師。。。ってか、生徒達より早くさっさと帰って行く先生達っていうのも、かなり不思議な光景だわ(苦笑)
留学する事が決まったカン先生。「現実に考えて下さい。彼に出来る事は、僕でも出来ます。でも僕とあなたでやる事は、彼には出来ない」・・・って、ま~たく何処から来るんでしょうか、この根拠の無い自信は。だから、息苦しいんだってば。
さっさと荷物まとめて一人で留学して下さい!
お勉強、頑張ってね!アンニョ~ン!

今日もやって来たチェインを頭ごなしに追い返すアボジ。え?まだ1週間だったの?いつから1週間でしょ?チェインが運転してるシーン(これも、ひとつのサービスショットか?)もっとあったわよ(笑)
チェインとタヒョンを庇うソヒョンオッパ。
「噂好きな連中のネタにされて、気苦労が絶えない。それが幸せか?」byアボジ
「財閥の家に嫁ぐのは大変。普通の家に嫁ぐのも大変なのに」byオンマ
チェインは頑張ってるけど、絶対反対の姿勢を変えない両親。娘を守りたい親心よねー。それに、やっぱりタヒョンは、何にも言えないし。見かねたソヒョンオッパが、チェインを慰めに出て来てくれたわー。
突然夜なのは、見ない振り、見ない振り。。。

翌日・・・かな?やっと、チェインが学校に来てくれたじゃないー。チェインもこうやって内緒で会う事は簡単だけど、でもやっぱり許して貰えるまで、って頑張ってたのねー。あの、短気なチェインが。
三角関係の3人の中を歩いて通過する学生が何気に面白い。

タヒョンと話して、解決策を練ろうとするチェイン。
「お酒も囲碁も好き。でも、ダメだと思う。一番大事なのは我が子なの」
アボジの弱みは“家族”だと話すタヒョン。
「家族のこととなったら、大統領が来ても動じない」
そうやってアボジにしっかりと守られて、大切に育まれてきたって事を、タヒョンもよく分かってるんだねー。二人の事を反対するアボジへの怒りなんて、全然無い感じだもんね。

解決策の見つからないチェイン。こんな時は、そう、ヒョンジュンですよ。
「タヒョンへの気持ちが本気なら、1つだけ方法が」
ヒョンジュン・・・恋する男イ・ジェインで遊んでないか~(笑)
でもね、もうコレしか無いってヒョンジュンに言われて、藁をも掴みたい勢いのチェイン、とうとう、ヒョンジュンに言われるがまま、ハラボジの前で跪いてお願いしたわー。ヒョンジュンに言われるがままって言うより、やっぱり、チェインの心の底から出た本心からの行動よね。
ヒョンジュンが、跪くチェインを見てクスって笑うのよね。その笑いがすごく良いんだなー。タヒョンと出会って、変わっていくチェインをずっと側で見てて、やっとチェインが自分の気持ちに向き合った事に、安心したような、友達にしかできない笑顔なの。
「お願いします。タヒョンを諦めたくない」
チェインとハラボジの間の空気が、すーっと穏やかになったように見えました。


でもね、ハラボジにも深い深い事情があるわけですよ。そんなつもりは無くても、結果的にタヒョンを騙してたんだもん。タヒョンはそうとは知らずに、チェインの事を真剣に相談してて・・・。ヤバイよねー、絶対。
タヒョンに言うつもりで会ったけど、言い出すタイミングが無いまま別れちゃって。。。
ハラボジがなかなか行ってくれないから、チェインも催促して来るしねー。
そうそう。
こうなったら、絶対、タヒョンが留守の隙に行かなくちゃ!

タヒョンの家を訪ねたチェインとハラボジ。
タヒョンがいない事を確認して、ビクビクのハラボジと、ドアフォンを押して、追い返されないかとビクビクで、ハラボジの後に即行で隠れるチェイン。困った時の様子が、良く似てるわ、二人(笑)

タヒョンの両親を説得するハラボジ。
幼い頃父親を亡くしたチェインの父親代わりが自分で、チェインの至らないところは自分が仕事にかまけて、チェインのしつけを怠ったからだって、
「孫をまともな人間に育てるために、二人の交際を許して下さい。」
ハラボジにそんな風にしんみり言われたら、タヒョンの両親も、今までみたいに、強気で反対は出来ないわよね。それに、全く違う世界の人だと思っていたけど、自分達と同じ様に、家族を思って心配をしてるんだって分かったし。
それに、年長者を大切に大切にするお国柄。ジェヒョン、ナイス!
そして、頼りになるのがソヒョンオッパよねー。
ハラボジがとってもタヒョンを気に入ってる事を印象付けるし、「あいつはいざとなったらタダを連れて逃げるかも」なんて、軽く脅かすのも忘れないし。


タヒョンの両親との話しも無事に終わり・・・チェインは、散々な言われようで気に入らなかったみたいだけど。タヒョンのいない間に事を終え、ホッとしたのもつかの間のハラボジでした。
タヒョンが帰って来たわ~。
「本当のおじいちゃんみたいに思ってたのに、騙したんですね」
あーあ、ハラボジ、弁解の言葉が見つかりません。。。
チェインからも「手を引いて下さい」って言われちゃった。
ハラボジがタヒョンを怒らせたけど、今度はチェインは自分で解決するって宣言して行ったわ。ハラボジ的には、タヒョンの気持ちを除けば、願っても無いいい流れになったのよね。

チェインとハラボジに騙されてたと思っちゃって「あの人と別れる」って言い始めたタヒョン。それはそれで心配なアボジとオンマ。子供の心の痛みは親の痛みなのね。本当に、子供の事を思う両親で、素敵だわ。


誤解を解くために、タヒョンに会いに来たチェイン。
「おんぶするか?担いでも乗せるからな」
・・・チェインがタヒョンを担いで乗せてる姿を、見たい気もしないでも・・・無い(笑)なんて、笑ってる場合じゃ無いってば。予告の彼女は何者ー?嫌な予感しかしない。


コメント

  1. SOPHIL | URL | -

    こんばんは
    この朝日のシーンは大好きです。ホームドラマなので珍しいロケですし。
    この場所は後半にも関係があるみたいですよ。
    >映画『オオカミの誘惑』を見てしまいまして
    イメージが違いますよね。ラストを見てしまうとこのドラマの見方が違ってくるでしょう。
    彼は写真集もだされるそうですね。

  2. hiyo | URL | SFo5/nok

    >SOPHILさん、こんばんは。
    >後半にも関係が・・・
    それは今からとっても楽しみです。
    年齢の設定さえ忘れれば、とっても素敵なチェインです。このドラマを見ていると、何だか自然に顔が笑ってしまうんですよね。ですので、同時期に『オオカミの誘惑』を見てしまうと、チェインとは違った魅力に、(ちょっとだけ(?))クラッと来てしまいました(笑)

  3. SOPHIL | URL | -

    こんばんは
    hiyoさんもそこそろこの曲に愛着が出てきたころではないでしょうか。
    このサイトにはもう一曲アップされています。
    http://www.popcornfor2.com/music/k_s_somethingabout1.php

  4. hiyo | URL | SFo5/nok

    >SOPHILさん
    いつも、サイト情報をありがとうございます。
    韓ドラは、どのドラマも曲も良いんですよね~。曲を聞いていると、いろんなシーンを思い出して二度楽しめます。
    この“初恋”も、もちろん大好きで、携帯のスケジュールアラームに使用中です。でも、サビの部分だけで物足りなかったので、じっくり聞かせて頂きました。サビよりも、最初の部分が好きなんで。
    それにしても、もの凄い曲の数々ですね。
    ・・・・・『宮』や『白雪姫』も見つけました~ヽ(´▽`)/

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/216-da4c6349
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。