スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『宮』終わっちゃいました

2006年03月31日 01:41

記事の更新は止まっていますが、ドラマはちゃんと・・・と言うより、韓ドラ友達が増えて、そのお陰で嬉しい事に、いつも以上に集中視聴中でして。
最近見たドラマは『私の名前はキム・サムスン』『フルハウス』『マイガール』それに『黄金のりんご』も見始めたりして。
視聴途中なのが『1%の奇跡』『ホジュン』『あなた、そして私』。不定期に視聴をしているのが『火の鳥』。時間が取れなくて見られずに止まっているのが『勝手にしやがれ』『ラビングユー』『ひまわり』。更に『砂時計』『ラブストーリー・イン・ハーバード』『オー!ピルスン』が始まるし。。。充実しすぎの韓ドラライフです。

そしてそして、今、

コレを語らずして何を語るコトができる?

って位に、久し振りに大ハマリしたドラマがリアルタイムで見ちゃったMBCの『宮』
その『宮』が、ついに、ついに、終わっちゃいましたー。
脱力です~。
明日から、何を楽しみに生活しろと言うのー(>_<)・・・堪ってるドラマをひたすら見れば良いんだけどさ。でも、この空虚な気持ちはきっと埋められないわ(...obaka)あー、でも、ホント面白かったー。
全然知らない俳優さん達だし、最初は特別な興味があったわけでも無く、たまったま『マイガール』が上手く繋がらなくて、空いた時間を潰そうと見てみたドラマだと言うのに。
そんな偶然に感謝!です。

最終話の情報をお探しの方へ・・・↓ここには詳しいネタバレはありません。
明るくて面白いマンガチックな(原作が漫画だし)ラブコメ。
知らず知らずに惹かれていく恋の始まりの戸惑いやドキドキ感、相手に上手く伝える事が出来ないもどかしさ。すれ違いや誤解。
私は、そんな話が大好きなのだー!
そう、このドラマはそんな話のてんこ盛り。シンとチェギョンが静と動の相反するようなキャラで楽しませてくれました。
ドラマの人気が高くて、途中で全20話から全24話になったのですが、終盤おそらくは放送延期が決まってからですよ。どんどん切なくって辛くって苦しくって、見るのが怖い位で。こんな風にしか作れないなら、無理に24話になんて、しないでよー!
私が見たいのは、可愛いシンとチェギョンなんだってばー!!!
と、何度も叫びたくなる位。

切なくて辛い・・・たしかに、韓ドラには良く使うコメントなんですけど、『宮』のシンは、今までで特別でした。
『宮』の中盤あたりの放送の頃、友人からお借りした『フルハウス』を見たんです。なんだか、良く似た話だわー、って思って、ちょっと『宮』に対するテンションが下がりかけたんですね。『宮』も、相手の事を良く知らずに成り行きで結婚する事になって、契約結婚みたいなもんだし。そして、男性主人公には他に好きな人がいたり、その相手の女性も、男性が結婚した事でさらにしぶとく、その男性の事を取り戻そうとしたり。
でも、シンの孤独な気持ちと、自由に振舞えない苦悩や、特殊な環境で育ってきて、自然な感情を出す術を知らず、それを悩むシンの姿に、シンの内面の奥深さを勝手に感じてしまって、すっかり惹かれてしまいました。
シン役の俳優さんは、元々モデルで、このドラマが初ドラマとの事。
海外サイトにアップしてあったドラマの最初の頃の芸能ニュースを見ると、ハッキリ言って全然注目されてない感じなんですよね。元アイドル歌手のお二人、チェギョン役のユン・ウネと、ユル役のキム・ジョンフンに注目が集まってて。インタビューも映像も、二人が中心だったし。
でも、ドラマが進んでいくにつれて、どんどん演技が自然になって、グングン引きこまれてしまいました。おまけに、後半徐々に痩せたみたいでスッキリしちゃって、男前度急上昇!もう、何やってもカッコいいんですけどー!
この俳優さんが上手く生きる演出がされているのでしょうし、周りの俳優さんやストーリーが更にその魅力を引き出しているんだと思いますが、そう思ってみても、後半は、彼の一人舞台って感じでしたわ。
>ユルファンの皆さん、許して下さいー。当然、ユルあってのシンとチェギョンですよね。ユルはユルで違う魅力が一杯だったし、とっても胸が痛みました。何で全部ユルに背負わせたのよー!!!あんな終わらせ方は無いわよヽ(`Д´)ノ
心を痛めて、でも、全てを自分の中に閉じ込めるしかないシンを見ていると、言葉が分からなくても、その表情や姿勢や振る舞いや演出で、しっかり伝わって、もう、辛くて仕方が無かった。
そして今週のラスト2話。。。
シンとチェギョンが傷を癒しながら信頼を深めて、自分たちの姿を取り戻して更に成長させていく様子に、微笑ましかったり、切なくて涙したり。ラストまでしっかり緊張感もあって見応えがありました。
高校生カップルにしては、ちょっと濃すぎかもだけど(爆)
特に23話のchu~~~なんて、「あんたら、絶対本気入ってるでしょ?」って位で。視聴年齢制限15歳(途中まで12歳だったのよ)のドラマで、このchu~~~(←この“~~~”が重要)は刺激強すぎだと思うよ。
・・・と表向きはこんな風に呟きながらも「誰か私を止めて~、いや、止めないで~」ってくらいに、何度リピートして見た事か(爆)でもね、すごい濃厚なんだけど、決してネチネチしてなくて、綺麗なキスなのですわ。
そして、24話の別れのシーン、追いかけるチェギョンに号泣しちゃいまいしたわよ。もう、ココまで来たら、言葉なんていらないのよ。と言うか、幸いにも台詞の無いシーンだったけど(苦笑)
シーズン2へ繋げるラストってコトなのでしょうけど、ちょっとだけ、マカオでのシーンは浮いてた気が。。。(特にシンの衣装が^^;)でも、韓ドラのラストの失速ぶりは激しいので、このラストは、比較的良い方なのではないかと思う事にしましょう。時には思い込みも大切です(苦笑)・・・・・まぁ、情報が漏れないようにと、わざわざマカオへロケに行ったほどの内容だとは思えないけど。

本当にお似合いのお二人に見えるので、もし、これから、リアルで付き合うのも良いけどさ、シーズン2が気まずくならない程度に、よろしくお願いしたいもんです(笑)


ストーリー以外にも、映像の美しさにも目を惹かれました。
細かい所まで“ちゃんと”してるんですよ。主役二人(シンとチェギョン)の衣装のバランスも凄く考えてあって、まぁ、微妙なデザインもありましたが。。。
風景の美しさや、宮の美しさ(ちょっと重厚感は不足だけど)、室内を飾る可愛い小物まで。
そして、脇キャラの皆さんが、これまた特別に素敵で大好きでした。
悪キャラを、シンとチェギョンから少し離れた位置の人物にしたのも良かったのよね。
急遽4話延長になった分、途中苦し紛れに伸ばしてる感があった事も否めませんが、それでも、それ以上に、いろんな場面で楽しめるドラマでした。

何とか少しでも台詞を理解したいと、ずっと『宮』の情報を求めて彷徨う生活で、日常の生活にも支障を来たしそうな程。勢いで、とうとうMBCにも登録しちゃいました。←韓ドラ見てるならすでに常識の行動?今更何を・・・ですか?(爆)
先のストーリーの情報もほとんど無いまま、MBCの予告の更新を待ち(遅いんだ、コレが(苦笑))次の放送時間を待ち、海外サイトにアップされるネタバレ情報を探し、そして、遅くても放送の30分前にはMBCの地方局へ接続して、PC前に釘付けになる水・木曜日。
そうまでして待ち望んでも、1時間は一瞬のように、あっという間に過ぎていく。。。CMが無いので、もの凄い集中力で見てるんですよね。
・・・そんなドキドキ感に自己陶酔していたとも言えますが^^;
リアルタイムで初めて完走したドラマですので、私には、更により一層の思い入れの強いドラマになってしまいました。。。今まで話題のドラマをチラ見程度でしか、リアルタイムでのネット視聴はしていなかったので。
このドラマの情報を集めながら、いろんなサイトを知る事も出来たし。


・・・と言う事で、まだまだ私の『宮』熱は冷めそうもありません。むしろ、この病的とも言える熱に、もう少し浸っていたい気分です。そんな訳で、今更ですが、1話から見直して、感想をblogに残していこうかな、と考えています。
日本で放送される時、全然違う解釈だってバレるんだろうけど、でも、今はたとえ独り語りでも『宮』を語って、この気持ちを何処かへ吐き出さなきゃ、気持ちが治まりそうもないわー!

シーズン2へ繋げる終わり方でしたが、シーズン2。どうなりますか。お願いだから、流星花園2みたいにはならないでね。事故や記憶喪失や病気は勘弁よ!!!
.
.
.
.
.
.
.
ってか、

いつの間にした(15禁故自粛)のよー?(゚Д゚)

>思わず出てくる意味不明の雄叫び


私は24話のあの夜だと思うわ.....しっかり妄想してるし




とうとう、このオープニングともお別れ。。。
勿論、今車で聞いてる曲は『宮』のOSTです!



↑オープニングで、シン達が写真になって最後は額に納められてしまうので、『コレは、こんな風な絵の中のお話でした』と終わらない事を祈っていました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/222-5f91f870
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。