スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

SHINHWA in NAGOYA

2007年12月08日 02:26

行ってきました。SHINHWA in NAGOYA
シナの皆様、そしてファンの皆様、Welcome to Nagoya!「えっらい遠いとこから名古屋まで、よぉ来たね~。えらかったでしょー?」・・・でございます。
コンサートの帰り、大抵、笠寺から乗車した乗客のほとんどは金山駅で降りるんですが、この日はそのまま名古屋駅まで行く人が多かったですね。あれから、新幹線で帰られた方々、お疲れ様でしたー。
私も疲れました。立ちっぱなしは腰に来ます(泣)
シナの皆さん,普通にかっこよかったんですけどぉ~~~。

エリック
念願のコンサート仕様の編み編みヘアーを見る事ができて嬉しいよ。ミヌに「サムライ」って呼ばれてたけど。表情も良かった。舞台栄えする顔ですね。

ヘソン
歌番組で聞くよりも、相当歌が上手くて、よく伸びる声に正直驚きました。韓国のテレビ局の音響って悪いの?ガイシも、そんなに音が良いとは言えないと思うけど。夏に日本ツアーをやって、名古屋にも来ているので空気に慣れているのか、終始一生懸命引っ張ってる感じで、カッコ良かったです。真面目な好青年って感じで、私の中のヘソン株は急上昇しました。声援が凄かった。

ドンワン
やっぱりドンワンの歌声好きです。ソロ聞きたかったよ。
日本語、もっと上手くなかったかい?(笑)ポロッと出る言葉が寒い(苦笑)「お腹痛いです」って言って空気を誤魔化していましたが。まさか、本当に痛かったわけじゃ無いよね。何だかやつれて見えたので。

ミヌ
オレ様を期待してたけど、あまり元気無かったのかな?特に前半。
スロースターターなのか?今日は見せ場のソロが無いせいか?最後は客席に向かって水まいてペットボトルを投げたりしてたし、ステージの左側や右側にも良く行ってて、一番全体を見られる人って言うイメージはそのまんまでした。

チョンジン
ライブの時のちょっとの時間だけ指輪は外しとこーかねぇ~。。。
モニターでアップになった瞬間、マイクを持つ手に指輪が光って興ざめだよ~。でも、ファンには、もう無くてはならない見慣れた光景となってるのか?シナ名物、チョンジンの「あいしてる」が聞けて良かった。

エンディー
私が唯一名前を叫んだのが「エンディー!」
メンバーに可愛くいじられてる姿を見て、気づいたら勝手に叫んでました。叫んじゃった自分に、ちょっとビックリした(笑)
疲れてたのかな~。乗れてなくて戸惑ってさえいるような感じ。かなりモニターの歌詞ガン見してましたね。



MCは、ほとんど韓国語でしたが、時折ヘソンとドンワンが日本語で会話を入れてくれるので、何を話してるか、大体分かる。・・・長くなると、さっぱりわかんないけど(苦笑)


日本語の曲は『僕らの心には太陽がある』だけ。この曲の詩が、どうにもこうにも好きになれない私だけど、唯一の日本語の曲なので、これだけは全部一緒に歌ってきました。スクリーンの字幕合って無いよー、字が抜けてるよと軽く突っ込みながら。
聞けると良いなと思っていた曲の中から『Angel』や『千日有魂』も聞けたし。何と言っても『T.O.P』の白鳥の舞「わぁ~、アレだぁ~」と、感動。
椅子に座ったら見えなんですが~・・・の『Wild Eyes』
この曲を聞いてシナが大好きになった『How Do I Say』
・・・等など計20曲。さすがに20曲もあると、セットリスト憶えていられないけど、とてもポピュラーな曲ばかで、メモリアルな選曲でした。
衣装チェンジの間に流れてくる映像が、今までの軌跡になっていて。デビュー当時の可愛い可愛い6人が大人になっていく様子。どこかで見た事のある写真ばかりではあるけれど、それでも、やっぱりジンとくるものがありました。
『ヘギョルサ』が、オリジナルのままじゃなかったのと、『ウシャウシャ』が無かったのが残念。

そして、何気に注目だったのが、ダンサーのお姉さん達。SS501のバックで踊ってて、歌番組で印象に残ってる女性グループが一緒に来ていて、とっても嬉しかったの。


ライブは、ライブってだけで、やっぱり楽しいですねー。
楽しかったけど、淡白だった・・・。1曲1曲をもう少~し、丁寧に聴きたかったかも。
客席は、私の席周辺はそこそこ、盛り上がってたように思います。ジャンプの所では、ピョンピョン飛び跳ねてたし。ミヌのマイクにも、それなりに答えてたし。・・・とりあえず、タモさんの「そうですね」並に「いぇ~」と答えて参加してみた(苦笑)
全体を見渡せなかったので分かりませんが、全体的には大人しかったかな。特に後半。↑にも書いたけど、まずシナの皆がお疲れモードありありで。まず、ステージをやってる人が、せめて“ふり”だけでも、楽しそうに盛り上がって引っ張って欲しい。。。労わりの目で見てしまうわ。
ミヌが「最後の曲です」って行った時の、会場の「えぇーーーーー!!!」は凄かった。この日初めて会場が一つになった瞬間(笑)ミヌも「怖いー」って言う位、見事な反応。
でも、会場側からの時間的な事情でもあるのかってくらい、あっさりと終演。ステージを降りる6人が、丁寧に手を振ってる姿が印象的でした。う~ん・・・もうちょっと余韻が欲しかったな~。
まぁ、終わってすぐはね、何だか物足りなく思うものですよね。後からじわじわ甦ってくるタイプだし。



この後も、埼玉の2日間やら個人のファンミやらコンサートやら、畳み掛ける様にイベント続きで、ファンもシナのメンバーも大忙しですね。行かれる方、2007年最後の1ヶ月を楽しくお過ごし下さいませ~。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/302-d150c26a
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。