スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天国の階段』第7話

2004年11月18日 20:50

今週も、主観と妄想だけの『天階』の感想でございます。完全にネタバレ、台詞入りなので、まだ未放送な方はご注意下さい。
・・・先週、脱落しそうと言っていたのに、今週ついにこの話にハマってしまったのかも。。。そんな気がしています
「一度だけ抱きしめても良いですか。」
・・・って、今まで断り無くさんざん抱きしめてたよー。と、この辺りは私にもまだ突っ込む余裕がありました(苦笑)
海の家で、実父と再会するジス(ジョンソ)。父は涙を流すが、もともと、ジョンソの運命を変えたのは、人を見る目が無かった父親の再婚だってば。ジョンソの死体も、ちゃんと確認もしないでさっさとお葬式しちゃって。ったく・・・この父は!後に、「あの時は、動揺してて・・・」って一応フォローはしてたものの。

ソンジュに送られて来たジス(ジョンソ)を見たジョルス(テファ)。あんな所に座って、怖いよ。。。
今回は、シン・ヒョンジュンの生声が聴けましたね~。ほとんど親父の声だったけど(笑)そう、そう。無理に吹替えしなくてもいいのよ。(『イヴのすべて』や、たぶん『美しき日々』でも、吹替えでハングル歌ってたよね)
・・・吹き替えだと、何となく乱暴な声に聞えてしまうジョルス(テファ)ですが、、シン・ヒョンジュンの声は深みがあって、すごく優しげなソフトな声(かなり個人的趣味入り)だと思うので、実際の声を聞けば、ジョルス(テファ)に対する印象も随分違ってくるのではないか、と想像しているのですが。この歌のシーンだけでも、このままで良いはず無いと分かっていても、どうすることも出来ない・・・歌の歌詞そのまんまですが(苦笑)・・・テファの苦悩がすご~く伝わって、グッと来ました。

・・・ジョルス(テファ)に限らず、他のキャストも、吹き替えだと、どうしても声が平面的で硬く、味気無いです。大抵、見てるうちに慣れてくるものだけど、どうも、今回はストレス溜まるわ~。チスとキム・ジスに使い分けていたりして、それなりに頑張ってはいるようですが。
ココはひとつ、「オッパ」もそのまま使って下さらないものか。
もう、韓ドラ見ようって人なら「オッパ」で十分通じるかと思います。大人になったジョンソが「ソンジュおにいちゃ~ん」「テファおにいちゃ~ん」では・・・テンション下がりそうな悲しい予感。(グォン・サンウの独自表記も何とかならないか、と毎週気になって仕方が無い(笑))


ジョルス(テファ)は、ソンジュの接近に焦り、ジス(ジョンソ)を失う不安に怯えていた。ジス(ジョンソ)を失えば、また自分は孤独に戻ってしまう恐怖感。孤独の寂しさは、子供時代からイヤと言うほど知っている。ジョルス(テファ)に初めて正面から接してきてくれたジョンソ、手放したく無い唯一大切な存在なのね。・・・ずっと自分の側にいて欲しい。って気持ちはすごくわかるよー。5年間、手も出さず、大切にしてきたんだから。
「ソンジュの存在が気になる。自分の過去を知りたい。」
と、正直に言ってしまうジス(ジョンソ)。
不幸てんこ盛りの過去を持つ、過去を捨てたいジョルス(テファ)は、「過去なんてどうでも良い。他所でやりなおそう」と言う。壁画が完成してから・・・と、ジス(ジョンソ)も、それを受け入れようとしていた。
今まで常に側にいてくれたジョルス(テファ)は、ジス(ジョンソ)にとっても、かけがえの無い大切な存在なのね。5年の歳月は半端じゃなく重いよー。今のジス(ジョンソ)には5年間の記憶が全てなんだから。火事で死んでしまった家族に代わり、自分の世話をしてくれた恩人達だと思っているし。もちろん、恩だけじゃなく、他のお店とトラブルになった時、躊躇無く飛び込んで覆いかぶさって守っていた事からも、今までの5年間、そんな風にジス(ジョンソ)にジョルス(テファ)が接していた事は、十分想像できます。
しかし!!!騙してるんだぞー。
テファ、本当に、このままで良いのか?自分のために、ジョンソの過去を奪って、それで満足なのかー?(叫)

焦るユリとミラは、婚約を早めようとしていた。これが、ユリが電話で「まかせて」って言ってた内容だったわけでしょうか・・・?今回もユリはすっかり陰が薄いですね。ミラが強烈すぎて出る幕無しだわ(笑)

仕事を辞めるつもりで会社を休んだジス(ジョンソ)を、チャン理事が迎えに来る。ソンジュのところへ連れて行かれたジス(ジョンソ)は、ソンジュに会社を辞めたい事を伝える。ソンジュがジス(ジョンソ)を呼んだのは、、自分の誕生日を一緒に過ごす為だった。「キャンドルを吹き消すまで帰ってはダメですよ」という。ソンジュは、ジス(ジョンソ)にプレゼントを用意していた。「ジョンソにして上げたい事が沢山あった。してあげられない事を、ひとつひとつ、胸にためて来た。心が重く辛い」と。プレゼントを受け取るジス(ジョンソ)。ジョルス(テファ)からの電話に、バッテリーを外し出ようとしない。「一緒に火を消して」と言われても、吹き消す事が出来ない。ソンジュは、そんな行動を見ちゃったら期待しちゃうよ。
・・・って、いきなりイイ感じで、キスしそうになっちゃって。。。
ケーキ、いきなり移動してますわ(笑)←ココは突っ込むべき所よね。
涙を流し、「ジョンソ」と呼ぶソンジュ。受け入れかけたジス(ジョンソ)だったけど、ソンジュが見ているのは自分ではなく、ジョンソだ。

見れば見るほど、知れば知るほど、ジスがジョンソに思えてしまい一度は諦める筈だったジョンソへの想いが、堰を切ったように溢れ苦しむソンジュ。ソコにいるのはジョンソなのだから、子供の頃からずっと側で共に過ごして来たソンジュが、ジスの中にジョンソを見つけるのは、当然の事なのね。
・・・冬ソナで、サンヒョク父が「そう言う事は、感覚でわかるものだ」と言っていた言葉を思い出します。見るほどに、このドラマは『冬のソナタ』をベースに作ってあるのかと。。。韓ドラは、良く似たストーリー展開が多いけれど、ストーリーとか、チェ・ジウさんの演技とか言う意味ではなく、台詞や行動にいちいち『冬ソナ』の影が見えて来て仕方が無いのです。こう言う事って、1度気になり始めると、ず~っと頭から離れなくなります。。。どうしよー(泣)・・・

ジス(ジョンソ)も、ソンジュの存在が気になり始めているけど、ソンジュの自分(ジス)を通して見ている、ジョンソへの想いの真剣さを感じれば感じるほど、自分をジョンソだと知らないジスにとっては、ジスとして、ソンジュに惹かれていても、自分が容易く受け入れる事が出来ない程の、ソンジュのジョンソへの想いの強さを感じてしまう事になるなんて・・・皮肉です。

ジス(ジョンソ)をジョンソの家へ連れて行くソンジュ。
ソンジュは、ジスがジョンソだという事を確認するため。
ジスは、自分がジョンソでは無い事をソンジュに納得させるため、一緒に家へ向かう。
途中、ジス(ジョンソ)を探し回るジョルス(テファ)からの電話に、「キム・ジスさんを本来の居場所に連れて行きます。○○です(←場所を言ってるのかな、と思いますが、はっきり聞き取れなかった)」と言うソンジュ・・・。嘘でも、もうちょっと前見て運転してー(苦笑)
ジョルス(テファ)ったら、またまたやらかしてしまったわね。慌てすぎ。何か事が起きると、頭真っ白パニックになってしまうのか?ジョンソの家の正面で待ち構えてるよ。。。もう、いきなり自分で白状しちゃってるじゃん。しかも、先に到着って。その距離、逃げた事になりませんから~!残念!(言ってて寒いわ(苦笑))
ソンジュも、ジョルス(テファ)の行動を見て、ジスがジョンソに間違いないと確信しちゃったね。ジス(ジョンソ)を引き止めるジョルス(テファ)に「心配なら一緒に来ればいい。聞きたい事がたくさんある」って。。。
ジス(ジョンソ)の記憶が戻るかも知れないとヒヤヒヤのジョルス(テファ)だけど、この家は、テファにとっては冷たい場所でしかない。一緒に家に入る事は出来ず、外で待つ事にする。払っ切れなかったら(家で何かを感じたらって事かな?)振り返らずに自分から去れと言う。自分の所へ戻ってきたら、もう離さないと。自分に言い聞かせてるみたいだった。ジョルス(テファ)にとっても、ジス(ジョンソ)を失うかも知れない賭けになったわけね。

自分の家に入りミラ、ソンジュ母とも再会するジス(ジョンソ)。ミラ、いきなりの事で、ココはもう、倒れるしかないわね~(笑)で、「家の子になれって」。ソンジュ母も、ずっとミラの側にいて、ミラの怪しい性格に気が付かないものかな・・・。女の勘は何処へ・・・。

屋根裏部屋で自分の思い出の品を見るジス(ジョンソ)とソンジュ。そこには、テファが描いた海の家の絵があった。
以前、テファは海の家を知らなくて、偶然行ったのかと思ってたけど、知ってたのね。聞き流しちゃってたけど「綺麗なところ~」(ジス)「だろう?」(ジョルス)って言ってたわ。
そう言えば、アレ以来「ゴー・ゴー・レッツゴー・ヤー」・・・しないわね(笑)
ジョンソじゃないのかと確認するソンジュに「ごめんなさい」としか言えないジス(ジョンソ)。でも、今までのように強く「違う」と否定する事は出来なくなっている。それなのに、ここでもジス(ジョンソ)の記憶が戻る気配はなかった。
だ~か~ら~、一番の思い出の品のネックレスを、何故に確認をしようとしないのよ。ソンジュ!
ジス(ジョンソ)も、自分は記憶喪失なのだと、今すぐソンジュに告白しなさい!!!

・・・まぁ、ハッキリさせようと思ったら、ソレ相応の手段はありますよね。コレがドラマの面白さ(笑)・・・

家の前で待つジョルス(テファ)の元へ戻るジス(ジョンソ)。
ジス(ジョンソ)はジョルス(テファ)に、何故ジョンソの家を知っているのか聞かなかった。記憶は戻らなかったけど、自分が記憶を戻せばそれで終わる問題では無い、自分が置かれている状況が複雑なものだと言う事を悟ったのではないかな。自分が記憶を戻す事で、いろんな事が壊れてしまう・・・。そう思うと、過去を思い出す事が怖くなってきたのかも知れない。ジョルス(テファ)との5年を思い、戻らない過去を探すより、過去は捨て、ジョルス(テファ)の為に、ジョルス(テファ)の元に戻って行った。家から出て、ジョルス(テファ)に駆け寄った時、意を決したように見えた。
・・・この辺、全くの妄想です。こんな風な解釈だと、この先、話の辻褄が合わなくなるかも(汗)・・・

ジス(ジョンソ)に婚約指輪を送るジョルス(テファ)。ジス(ジョンソ)は壁画が完成したら送ると言う。壁画が完成したら、他所へ行って二人で暮らすから、その時に、って事なのね。きっと。
ジス(ジョンソ)は、“過去は捨てる”と、唯一、過去に繋がる大切なペンダントを投げ捨ててしまう。。。しか~し、川辺なんだから、普通川に向かって投げ捨てるでしょうに。草むらにボテって(笑)
川に向けなかったのは、潜在的にあるジス(ジョンソ)の過去への思いがそうさせた?ただストーリー展開の都合?
・・・って思うと気持ちが冷めるから止めておきましょう(苦笑)
屋根裏部屋でのキスシーン、軽いchuだけど、ドキドキしたわ~。
クォン・サンウのこう言うシーンって、妙にエッチっぽいと感じるのは私だけでしょうか?チェ・ジウの「やって下さい」満々の表情も・・・いつも好き(笑)

何だか今週は、ソンジュのシャワーシーンで終わりだったけど、来週もまた、シャワーシーンを放送するよ~。お楽しみに~。と言うサービスかしら(笑)噂通り、見事に鍛えたお体でした。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/31-369cc87c
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。