スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2008世界選手権(ISU World Figure Skating Championships)

2008年03月23日 10:33

毎年、これだけは絶対に見ているフィギュアスケートの世界大会。
今年は浅田選手の優勝に尽きるのだけど。
あの、ありえない“すっころび方”をして、
きっと多くの人が“もうダメかも。このままボロボロになるんじゃ”・・・
と思ったのではないでしょうか。
転倒のショックなど無いようなすべりで、優勝を持っていった。
今期は、ラファエルコーチから去り、一人で挑んだ大会。
すごいな~。
二人の間に何があったか、など興味は無いけれど、
サーシャ・アプトのコーチだったラファエルに着いた時、
ちょっと嬉しかったんだけど。。。
天才と言われるすべりに、精神力が着いて、
ますます楽しみです。
伊藤みどり選手のお下がりという衣装を着て、可愛く滑っていた彼女が懐かしい。

そして、男子。
ごめん、バトル。
私も、ジュベールの優勝で決まりだと思ったよ。。。
でも、あの雰囲気の中、ジェフリー・バトルの滑りを見せてくれた。
滑り終わった後、「あ~、良かったね~、バトル」って思える滑りだと思いました。
表彰台のウルウルバトルを見て、一緒に感動してました。
今大会の表彰式での国旗の掲揚、これが、とっても素敵だったの~。
・・・・・・・・・・4回転の無い優勝。

ヤグディンの、絶対に引かないプライドの塊な滑りが、
今はただただ懐かしい。





Alexei Yagudin - 2002 Salt Lake City LP“The Man In The Iron Mask”


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/319-8f81e086
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。