スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天国の階段』第8話

2004年11月25日 20:53

ヨン様の来日は、今回も大変な騒ぎでしたね~。
特別ファンじゃなくても、楽に空港に行ける距離に住んでいたら、話の種に行っちゃうかもー(笑)何歳になっても、夢中になれる何かを見つける事が出来るのは、幸せな事かも知れません。皆さん、夢中になれる何かに、飢えていたのかな。
でも、動く車に突進して行く様は、一人の大人の女性として如何なものかと・・・。。。

で、『天階』です。
いっやぁー!今週がどんなだったなんて、もうどうでも良いですー!
来週よ!来週!
早く次話が見たーい!!!と、叫びながら、今週も主観と妄想だらけの『天階』の私的感想(ネタバレ・台詞入り)・・・正直、今週はちょっとノリきれませんでした(苦笑)
クォン・サンウファンの皆様の期待通り、やけに長いシャワーシーンから始まりました。
先週、「もう、あきらめなくちゃ・・・」と言ってはみたものの、ジス(ジョンソ)の姿を見つけたら、諦めたくても無理。ジスはジョンソだと言う思いは深まるばかりだし。今週も、更にジス(ジョンソ)に接近&アピールです。やる事は随分子供じみてて、人目も関係無しで、側近の皆様の前で立ち止まってジス(ジョンソ)に釘付けなんて・・・(略)

新しい企画のマフラーのプレゼンをするジス(ジョンソ)。ジス(ジョンソ)がしている指輪が気になるソンジュ。企画は、ソンジュにダメ出しされる。「恋したことはある?」と皆の前で問うソンジュ。ソンジュの行動を、自分への当てつけのように受け取るジス(ジョンソ)。
会議室を出ると、ソンジュが待っていた。
ソンジュにあてつける様に、ジョルス(テファ)からのランチの誘いの電話に答えるジス(ジョンソ)。横で聞いていたソンジュは、ユリを連れ同じレストランに出向く。隣のテーブルで、ジス(ジョンソ)と向き合う位置に座ったソンジュ。二人が見詰め合う様子に、ジョルス(テファ)もユリも気付く。(気付くだけで、何も出来ません)ソンジュから、お祝いにとジス(ジョンソ)達に送られたワインを一緒に飲む事になり、4人で1つのテーブルにつく。ソンジュは、ジョルス(テファ)が指輪をしていない事を尋ねる。
「壁画はジョルス(テファ)さんから私へのプレゼントだから、壁画が完成したら贈る」と言うジス(ジョンソ)。
「壁画は僕からジョンソへのプレゼントだ。」と言うソンジュ。
ジョルス(テファ)は、「婚約者の前で昔の恋人の話をするなんて」、とたしなめるが、「ユリは心が広いから」と、何も知らないソンジュは平然と答える。笑っているしかないユリ。兄として、あんな事をしてしまった妹だけど、そこは情の厚いお国柄。ソンジュから愛されていない様子のユリの姿は、どう映っただろう。
婚約のプレゼントに、とピアノを弾き始めるソンジュ。ソンジュの視線は、ユリ越しにジス(ジョンソ)に向かっている。自分でまいた種とは言え、ソンジュを見るユリの笑顔が・・・ちょっと切なかったりして。ジス(ジョンソ)は、海の家での出来事を思い出していた。結局、ジス(ジョンソ)も、頭の中どっぷりソンジュになってるのよ。でも、それじゃいけないって頑張ってはいるんだけど。一瞬で崩れる事間違いなし。記憶とか関係なく、本能みたいに惹かれ合っていくのね。。。その場にいる事が辛くなり、ジス(ジョンソ)はジョルス(テファ)と一緒に席を立つ。
ジス(ジョンソ)の肩を抱くジョルス(テファ)の姿を見るソンジュ。今までの、過去の思い出の中のジョンソを想う、切ない涙目の表情から、「ジョンソの隣にいるはずなのは、自分だ」とでも言うような、ジョルス(テファ)への、怒りや嫉妬の表情に変わって来た様にも思えます。
・・・日本語吹替えだと、表情をじっくり見る余裕が有る点は、良い!ですね。字幕だと、文字を追う方に集中してしまい勝ちですから。しっかり表情をみていないと、声の調子だけでは気持ちが上手く伝わってこない、とも言えますが(苦笑)・・・

ジス(ジョンソ)への想いを紛らわせようと、ソンジュはユリと一緒にお酒を飲みに出掛ける。自分の好きな人が、他の女性と踊る姿を、楽しそうに笑って見ているユリって、いったい・・・?ユリを誘って、一緒に踊るソンジュ。そんなソンジュに戸惑いながらも、嬉しそうなユリ。ユリさん、手の動きが・・・怪しすぎます(笑)ユリがソンジュに「chuして」状態なんだけど、意外と固いソンジュでした。
いかんよー。こう言うズルズルした関係は。それでも良いくらいに、ソンジュの事を好きなのか?ソンジュを手に入れたいのか。ソンジュの態度があまりに可哀そうに思えて、このシーンだけだとユリに何だか同情してしまう。ユリ、都合のいい女状態になっちゃってるわ。
ユリも、一応あの手この手でソンジュからジス(ジョンソ)を遠ざけようと、頑張ってはみるんだけど。ジス(ジョンソ)に近づこうとする、ソンジュの頑張りの方が強いのよ。

新しい企画を考えるため、会社に残っていたジス(ジョンソ)はうたた寝をしてしまう。目が覚めると、背中にソンジュのコートがかけられていた。コートを返しに、社長室へ入っていくジス(ジョンソ)。ソファーで寝ていたソンジュも目を覚まし、ジス(ジョンソ)を夜食に誘う。
メリーゴーランドの前で、ピザを食べる二人。二人は少しずつ、素の自分を見せ始める。
・・・この時の会話の意味が、すぐには分からなかったのですが。ジス(ジョンソ)がジョルス(テファ)の事を「誰かみたいに怒ったりしない」と言った事を受けて、ソンジュが怒ってみせたという事になるのかな?・・・
近道だからと、ソンジュはジス(ジョンソ)をスケート場へ連れて行く。楽しそうに滑って遊ぶソンジュにつられて、ジス(ジョンソ)も一緒にリンクで遊び始める。子供の頃、浜辺で遊んだように。・・・・・って、まんまだわ。しかも、回想映像入り。このシーンは、もう少し、見ている側にも想像させて欲しかったな~(笑)
・・・今回、やたら回想シーンが多い・・・
さて、ここで今週、ソンジュのドラえもんのポケットから登場したのは、子供時代、ジョンソがプレゼントした、あの赤い帽子でした。その帽子の様に「世の中にひとつだけのもの」をヒントにして商品を考えてみたら、とアドバイスをする。

翌日『ただ1つの愛』をコンセプトにプレゼンをするジス(ジョンソ)。
・・・何かすっごいマフラーなんですけど。。。本当にコレがそんなに良いのかね。・・・
少しずつ、二人の気持ちが通い始めてきた様に見えた。

会議後、ジョルス(テファ)の所へ向かうと言うジス(ジョンソ)を追って、同じエレベーターに駆け込むソンジュ。ソンジュは、エレベーターの中でジス(ジョンソ)の手を握る。「心と同じ冷たい手だ」(ジョンソが、心を冷たく閉ざしていると思ってる?)と言いながらも、手を握りしめる。エレベーターのドアが開くと、階段を使って追ってきたユリが待っていた(早っ)。ユリをエレベーターに引き入れ、自分は降りてしまうソンジュ。ユリ、やられっぱなしです。。。

壁画を描く足場の上で、仲良く遊ぶジス(ジョンソ)とジョルス(テファ)。そこへ、∑(゚□゚;!まさか、こ・この曲は!!!
ソンジュ登場・・・・・
ドラムの曲が、まるで映画『ジョーズ』(古っっ)の曲のように聞こえてきてしまって参りました。ソンジュ、遊具で登場はもうカンベンよ!面白すぎる!
ジョルス(テファ)は壁画が完成したら、ジス(ジョンソ)に真実を話す事を決心した。そうよ!偽りの上に成り立つ幸せを維持して背負っていくのは、根は優しい不器用なテファには、正直辛すぎるわ。まぁ、大切な大切なジス(ジョンソ)に無条件でここまで信頼されちゃってたら、自分一人の幸せよりも、罪悪感に苛まれるよね。真実を告げない事には、未来には進めません。テファ、成長したのね。人を変えるには、ネガティブに接するよりも、ポジティブに接する方が効果大と言う事でしょう。肝に銘じます。

ジス(ジョンソ)の企画が通り、思うようにソンジュとジス(ジョンソ)を遠ざける事が出来ず苛立つユリ。
・・・子供時代は、面白い位、上手くいっていたのにね~・・・
ユリは自分とソンジュの関係を誇示しようと、婚約指輪を選んでいる店に、ジス(ジョンソ)に新作のサンプル用の毛糸を届けさせる。自分が選んだ指輪を「ソンジュさんが選んでくれた。」と指輪を見せつけるユリ。これが精一杯の意地悪なのね。やっぱり切ないわ、ユリ。ジス(ジョンソ)はソンジュに挑発され、半分、意地になりながらも、ジョルス(テファ)に贈る為の指輪を選ぶ。ソンジュがジョルス(テファ)に、と指輪を選んで進めてくるが、ジス(ジョンソ)は、ジョルス(テファ)から自分に贈られた指輪と同じデザインの物を選び購入する。
別れ際、「じゃあ、明日」とすまして言うユリを引き止め、頼まれていた毛糸を渡すジス(ジョンソ)。・・・ユリや家族の事を思って、優しくしてくれていたあの頃のジョンソじゃないんだから。負けてないわよ。・・・何気に、ユリ、いじめられキャラに変わってる?

翌日、ジス(ジョンソ)とジョルス(テファ)が出掛ける約束をしている様子を見たソンジュは、二人が気になり、仕事も手に付かず状態。ジス(ジョンソ)が約束の時間に行けないように、飲み会を開く事にしてしまった。
まーーったく。すっかり公私混同だわね。仕事はしないし(苦笑)
ブランド開発室全体の大きな飲み会になって、帰れなくなってしまったジス(ジョンソ)。
・・・「忘年会にしましょー」って盛り上がっていたけど、この辺の感覚は、少し分かり辛いんだけど。『忘年会』と『飲み会』ってそんなにも違うものなのね。飲み会自体も、残業みたいなもので、簡単には逃れられない感じだし・・・
ジョルス(テファ)に電話するけど、上手い具合に電源を切ってて繋がらない。ユリも会長からの呼び出しで帰宅。
社長・・・今夜もチャンスね(^^)v

ジョルス(テファ)は訪れた画廊で、自分が模写した絵が本物として売られている事をみつけ、驚く。お金が必要なピルスが、ジョルス(テファ)が描いた模写を、そうとは知らず画廊に持ち込み、本物と思われ売れてしまったものだった。

二次会でクラブへ行く、開発室御一行様。
ジス(ジョンソ)さん、嫌がってた割には、ものすごいノリで踊ってるんですけど。しかも、どうやらシラフらしい。
・・・昔、職場に中国から研修に来られている方がいて、その方も少し違うリズムの取り方や手足の動きで、踊られていた事を思い出しました。もしかして、ジス(ジョンソ)のダンス、韓国ではかなりイケてるのかも知れない(笑)・・・
当たったカップルは、お酒の一気飲みか、お酒が飲めなければディープキスと言う、もの凄いゲームが始まった。で、当然(ソンジュの目力で)ソンジュとジス(ジョンソ)がカップルに。
・・・結婚まで清らかな関係の皆さんが、ディープキスなんてしちゃダメよー(笑)室長、喜びすぎー!室長とペアになったら、何が何でも飲み干すわね。室長の分まで、死ぬ気で飲み干すこと間違い無し!・・・
で、ソンジュ達に当たりまくってしまうのね。カッコイイ社長さんは、お酒が飲めないジス(ジョンソ)が、無理に飲もうと口に運んだグラス(口元に運ぶまでは決して手を出してはいけない)を、すっと取り上げて、変わりに飲み干して上げるわけね。
で、クラブのシーンがまだ続くワケでしょ。
きゃぁー、もー!ココで切るかー!!!すっごい中途半端だよー(怒)
あぁ、もやもやが残って気持ち悪いーーー!(叫)

・・・
1つのグラスのワインの量が、ショットによって違いすぎる!とか、
仕事中でしょーとか、
何でそんな寒い部屋でうたた寝が出来ちゃうの???とか、
何でメリーゴーランドのライトが煌々とついてて、
何でそんな寒い所でピザを食べてるの???とか、
何でスケートリンクが明るいの???とか、
あれ、お弁当じゃなかったの???とかとか・・・
ミラが出なくて物足りないとか(笑)
もはや、そんな無粋な突っ込みは、不要と言うものですわ!と言うより、むしろソコが面白くてハマってるのかも?(笑)
今回も所々本人の声が使われいて、とても良かったです。
これからも、本人の声探しを楽しむ事にしましょう。
・・・



映画のプロモーションで来日したチェ・ジウさんを、いろんな番組で見る機会がありました。受け答えがとても控えめで感じがよくて、背筋をピンと伸ばし、一生懸命話す姿に好感が持てました。中でも『ビストロスマップ』での食べっぷりは、とても素敵だと思いました(^・^)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/32-52d43d90
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。