スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『天国の階段』第12話

2004年12月24日 14:29

何だかんだで田中さん他・声も、やっと後半戦に突入。もう、このまま見るしかないんだから、とにかく頑張って下さい!お願いしますです。
しっか~し、今回はつかみ所が無いと言うか、ここぞと言う展開も無く。すっごいイライラしっぱなしの回でした。何だか後味悪~・・・。録画してるけど、たぶんこの回はもう見ないかも知れない。
「婚約式に出ろ」「出ない」で一時間引張りたおしましたね・・・オリジナルは違うのかも、だけど。。。
ユリの買物に付き合いながら、「いいわよ」と一応断りながらも、結局ユリと同じ様に買って貰うジョンソ。
ソンジュは「ジョンソの歓迎会」と称して、3人で飲み行く。ソンジュとジョンソの間にユリが座り、ユリは早速ジョンソの知らないNYの話を持ち出す。ソンジュはユリの後ろから手を回してジョンソの手を握る。手を振り解こうとするジョンソの勢いが余って、ユリの背中にぶつかり、ユリの飲み物が倒れてしまう。席を立つユリ。「こんな事はやめて」と涙で訴えるジョンソに、ソンジュは「ユリと婚約するとは言っていない。僕は愛する人と婚約する。」と言うが、ジョンソにはソンジュの考え方・やり方を、理解する事は出来ない。ソンジュは、「外で待っている」と言い先に店を出て行く。・・・って、イイ大人3人で飲み物1杯?しかも、すぐにこぼして飲んでないし。嫌な客だわ(笑)・・・
別れ際、ソンジュはジョンソとユリに同じ箱のプレゼントを渡す。ジョンソにもプレゼントがあった事が気に入らないユリは、ジョンソの箱を取り上げ中を確かめる。ジョンソの箱は、品物の入っていない、ただの空の箱だった。ユリには(包装はちゃっちいが、たぶん)高価なアクセサリーが入っていた。自分のプレゼントが高価だった事で、優越感を感じご満悦なユリ。ソンジュの行動を受け入れる事が出来ず、思い悩む様子のジョンソに対しても、ユリは自分達の婚約の準備を見せつけた事で、ジョンソが落ち込んでいると思い、自分の作戦の成功を喜ぶ。

翌日、ソンジュから昨日のプレゼントの事を聞かれたジョンソは、プレゼントの意図がわからず「私をからかうの面白い?」と聞く。ソンジュは「お前にはあげたいものが多すぎて、これから、少しづつ送り続ける」と言う。ジョンソは、改めて「婚約式には行かない」とソンジュに話す。ソンジュは「何もしなくて良い。僕の言うとおりにすれば良い。」と言い聞かせる。・・・で、どうしたいのよ。もっと具体的に、二人で作戦を考えなさい!・・・
仕事中、ソンジュから呼び出しのメールが届く。。。しかも・・・(略)・・・メールの誘いを無視するジョンソに、ソンジュは電話をかけ「来ないのなら迎えに行く」と言う。逃げ出そうとするジョンソを追いかける(追いかけ回す)ソンジュ・・・結局つかまってしまうジョンソ。。。
ソンジュは、ジョンソの婚約指輪を受け取るため、宝石店にジョンソを連れて行った。注文していた指輪は、サイズが合わず、とりあえず、その場でサイズの合った指輪を購入(笑)・・・何のために注文してたんだか。・・・ソンジュに振り回され、ソンジュの行動が自分を苦しめていると訴えるジョンソ。ソンジュは「僕を愛してる?」と何度も聞くが、ジョンソは「YES」とも「NO」とも答えられず口を噤む。
・・・ジョンソに聞く前に、まずソンジュの方から「愛してる」って、ちゃんと言わないと、どうして良いかわかんないでしょー。・・・
会社から二人が出て行く姿を見たユリが、お店にまで追って来た。ユリは不満をジョンソへぶつけ、悪態をつく。ジョンソの頬を叩くユリ。ジョンソにやり返される。「ソンジュさんを愛してるの?」と聞くユリ。「愛してる」と答えるジョンソに掴みかかっていく。そこへ、先に車を取りに店を出ていたソンジュが戻ってくる。ユリは慌ててその場を取り繕う。
その後、3人は、食事に出掛ける。
ソンジュは、テーブルの下でジョンソの足を蹴る。ソンジュを見るジョンソ。だけど、ソンジュは知らないふりで食事をしている。ジョンソは「ユリか?」と思いユリを見るが、ユリは全く知らない様子。再び足を蹴られる。ソンジュだと気付き、避けようと足を動かすジョンソ。勢い余って、ソンジュの足がユリの足にもぶつかってしまう。ジョンソにやられたと思い(さっきの喧嘩の続き?)ジョンソをユリ睨みで睨み付けるユリ。・・・すっごい爆笑!!!面白すぎる~(^◇^)
ジョンソは、先に帰る。ユリはソンジュに「私と婚約する気ないんでしょう?」と尋ねる。「ああ」と答えるソンジュ。あまりにストレートな返事に慌てるユリ。不満な気持ちを、あからさまに態度に出すソンジュ。・・・この人、まだまだ子供だ。と言うより、少年時代のほうが紳士的だった気が(苦笑)・・・
ソンジュの気持ちを知り、不安なユリはミラに相談する。ミラは、マスコミに公表してしまえば良い、と親しい記者にユリの婚約を話す事にする。「最後の切り札はこっちにある」と言うミラ。ミラは再び、ピルスを使ってテファの書いた贋作を手に入れた。(ん?テファ、まだ処分してなかったの?それとも、書いちゃったの?・・・謎)

グローバルランドの壁画の前の、楽しそうなカップルを見ていたジョンソは、壁画の前にいるテファを見つけ駆け寄る。テファを心配するジョンソ。かみ合わない会話。「婚約おめでとう」と言うテファに、ジョンソは「婚約はしない」と言うが「絶対にお前が婚約しろ」と言い残し、テファは立ち去って行く。その様子を見ていたソンジュは、涙ぐみながら戻ってくるジョンソの手を優しく握る。「婚約式の日、お前はこの世で一番美しくなる」と言い、婚約式に来るように諭す。自分を手放そうとするテファの気持ちを知ったジョンソは、ついに頷く。・・・このシーン、是非ユリには上からモノレールで登場して、二人を睨んで欲しかったわ。って、何を求めてる?>自分(笑)
で、いきなりスケート場へ。
「僕はこの手を絶対に離さない。僕から離れるな。」と言い、手を繋いで、楽しそうに氷の上を滑り始める(何だか、唐突な感じ)が、バランスを失い、繋いだ手が離れ転んでしまう。不吉な予感に襲われ言葉を失う二人。・・・くじけるの早すぎ(笑)離れたら、また繋ぎ直せば良いのよ。段々、ちょっとやそっとじゃ離れない上手な手の繋ぎ方のコツを学んでいくってものよ。・・・相手が変わる事も、ままあるけど(ボソッ)・・・

婚約式の前夜、ジョンソの家で食事をする両家。新聞記事でソンジュとユリの婚約の記事を見たテファからユリに電話がかかってくる。テファは、ユリを脅そうとするが、ミラから「婚約式に必ず来るように」と言われる。一方、ソンジュは、何度もジョンソに婚約式に来るようにと、密かに確認する。
婚約式の朝。
ジョンソの部屋にユリが(わざわざ)呼びに来る。父親の手前とは言え、「まだ仕度してないの?早くしなさい」って、ちゃんと一緒に行ってあげるのね(笑)
ソンジュは、ジョンソへ送る指輪を上着のポケットに入れ出掛ける。
式場の美容室で準備する二人。ソンジュは(普通男性立ち入り禁止でしょ?)ユリのセットをしている美容師に「彼女を先に」と言いジョンソを連れて来る。
で、テファ、あなた、こんな大切な日に寝坊ですかい・・・?。「待ってろよ。今日が一番幸せな日にしてやる」って、遅刻しそうじゃないですか。口の割には、全然気合が足りないわよ。
婚約式が始まった。
会場へ急ぐテファ。テファが会場に到着すると、ミラの通報を受け、ハン・ジョルスを追う刑事が張り込んでいた。テファは贋作の罪で捕まり、手錠をかけられてしまう。
その頃、ソンジュは「私は、愛する女性にこの指輪を送ります」と宣言し、ポケットから指輪を取り出し、ジョンソの側に歩み寄る。身を硬くするジョンソ。
ソンジュが指輪を送ろうとした時、警察に取り押さえられながら、テファが会場にやって来てしまった。。。ジョンソの名前を呼ぶテファ。テファが来た本当の事情をしらないジョンソは、その様子を見て、テファが自分を忘れられずに、乗り込んで来たと思ったのか?。(今までのテファなら、ありえるもんね~。。。)連れて行かれるテファの後を追い、会場から出て行く。
ジョンソが立ち上がった時、ソンジュが持っていたジョンソへ送るはずの指輪が落ち、ユリがそれを拾う。呆然とした表情でジョンソを追いかけそうになるソンジュを、ユリが腕をつかんで引き止める。指輪を返すように、ユリに手を差し出すソンジュ。指輪を返すユリ。
で、ソンジュ。あれほどジョンソには「婚約式に来い」って言い聞かせておきながら、何であっさりユリと指輪交換してるん?ソンジュも、ジョンソがテファを選んだと思ったわけ?そこで、ユリを振りほどいてジョンソを追うとか、引き止める気持ちにはなれないのかしら?ジョンソにばかり無理言って、自分は流れに身をまかせちゃってたら・・・そりゃ、ジョンソもテファを追うって(笑)暢気に写真撮影してるけど、途中までジョンソを追ったはずの記者さん方、これってスキャンダルじゃ無いの~?何故誰も突っ込まないの~?丸く収まっちゃってるわ。。。もう、さっぱり訳わからないんですけど。

で、テファを追うジョンソ。早いです。やる時はやるジョンソです。サイレン鳴らして走り去るパトカーを、婚約式のドレス姿で走って追いかけます(笑)ジョンソは警察署の中に入り、事情を聞こうとするが、テファはジョンソの事を「知らない人です」と叫ぶ。テファ~!人の人生に中途半端に関わろうとするから、こんな事になっちゃって。ハァ~、今の所、テファ絡みではホント・・・(怒)
婚約式中、ハン・ジョルスがつかまった事を知らされたソンジュは、ジョンソを心配し、ユリの制止を振り切って会場を後にする。・・・今更振り切ったところで・・・。
ソンジュの気持ちが自分に向かない事を嘆くユリ。ミラは、大切なのはソンジュの気持ちを手に入れる事ではなく、グローバルグループの跡取りと婚約した事実だとユリに言い聞かせる。・・・ミラのキャラだけは、ある意味、頑とした一貫性があって、際立ってますね~(苦笑)

人と関われず、我が道を進んで成長してしまったテファ。ここぞの時の対処能力が、やっぱりありませんです。
小さい頃から、恵まれて育ったソンジュ。ここ一番の踏ん張りが出来ませんです。
5年間も、過去の記憶の無い精神状態で、お店を経営し(売り上げはピルスにくすねられ)必死で生活してきたジョンソが、一見儚げだけど、でも実は一番強い。
ソンジュもテファもやりたい放題で・・・。男の子達、早く成長して見せなさい!


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/40-bab9649b
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。