スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『救命病棟24時』第2話

2005年01月19日 10:39

昨夜から、また大きな地震が起きています。
このドラマは、大地震と言う特殊な状況を、医療と言う特殊な視線から見てるんだけど。実は、混乱振りは医療の場に関わらず、皆同じ様なんだと感じました。
初回より、良かった。
進藤先生が「災害医療をやってきました」。。。って話は出来すぎ?だけど。でも、進藤先生の“出来る!”っぷりが無いと、面白くないのがこのドラマですわ。(3作目にして始めて知ったけど、isseiさんでしたのね。)
仲村トオルの家庭の事情は無くてもよさそうな話だけど(苦笑)嫌なヤツだわ~。本当にいそうだよ、こんな人。遠くばかり見て、足元が見えない人。。。災害に揉まれて、次第に考え方が変わっていく人ってパターン・・・なのかしら。
命を救うため、果敢に攻めて行く進藤先生が、今救える命を救うため、普段なら救える命だとわかっているのにもかかわらず、何もせずに諦める事を告げなければならない。身近な人の死の悲しみも良く分かっているのに。。。1・2作で、進藤先生という人物がわかっているから、なお更心が痛みました。
奥さんを亡くしたダンナサマのシーンは涙してしまいました。家族を亡くしても、すぐには涙にくれ亡くなった人を想う暇さえない。何より悲しい事です。
皆、情報が無いから孤立状態になるし。でも、孤立してるって事さえ気付く事が出来ない、身動きもとれない。何も無い場所で診療をする医者と、高度な機材の中で、じっと待っている医者達。。。その対比が印象的でした。帰っちゃうスタッフまでいるし。実際、恵まれた機材だけに頼って、受身で仕事をする事が当たり前になってしまっていたら、ただ呆然と時間を過ごすしか無くなってしまいそう。
日常の生活の中でも、いろんな方向から物事を見、想像する力ってこう言う時ホントに必要だ。
地震まで何時間ってテロップをさんざん流していたんだから、難しいんだろうけど、地震後何時間位経過した設定なのか知りたかったな。救急車やレスキューは、いつから動き始めるのだ?

来週は・・・深浦さん、クラッシュ症候群?・・・他の人でした(苦笑)
とにかく、来週も、進藤先生の“出来る!”っぷりを堪能させて頂きたいものです。「CTもMRも使えないから・・・」って言って帰っちゃったDrに、見せつけてやって下さい!


コメント

  1. ちゅん | URL | NXYbAnlM

    トオルさん

    こんにちは。
    仲村トオル代議士、なんかこの後
    やらかしそうでコワイですよね。
    騒動が落ち着いた後、進藤先生を
    つるし上げとかしそう^^。

  2. hiyo | URL | SFo5/nok

    ちゅんさん、お久し振りです!
    今のままだと、根に持ちそうですよー。
    毎回正義感が強すぎて、追い込まれてしまいますが、今回の進藤先生は、どんなトラブルに巻き込まれてしまうのでしょう。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/50-164919a6
この記事へのトラックバック

「救命病棟24時」第2回

やっぱり進藤先生(江口洋介)が救命医療でてきぱきとこなす姿がとても頼もしくていい

救命病棟24時 第2話

当日観れなかったので、昨日ヤツと観ました。



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。