スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パリの恋人@BS-日テレ版』第6話カットシーン

2005年01月22日 11:15

「ちょっと、カン・テヨン!手を離しなさいよ!」って叫ぶユナの前で、握った手を離して、テヨンの肩を抱くキジュ。笑える~。4人がバーから出て来たシーン。ユナ、ヒールを引っ掛けてしまってましたね。「オモッ」って言ってるけど、NGにならず、ドラマは進む・・・さすが韓ドラ(笑)
テヨンが書類を落として(落とし方がすごく上手~!)、キジュがそれを拾うのを手伝うシーン。「ううん」の一瞬の表情が、ものすっごいツボなのですわ。パク・シニャンは、好みのお顔じゃないんだけど(ホントに失礼)、でも、動くとすごく良いんですね~(笑)元々、一瞬の表情や仕草に、メチャメチャ弱い私。。。ついでに白状すると、“手フェチ”です(笑)このドラマのキジュの手の動き、堪らん!(...baka)その後のボールペンのシーン。拾ったボールペンを手でちょっと拭いて、イタズラするような表情のキジュ。されるがままに、パクッとするテヨン。ホント可愛いー(^^)33歳と26歳(位だったかな。ドラマ内で)とは思えない(笑)
ユナの姑息な策略で、テヨンは残業する事になるんだけど、キジュは、ユナの仕業だろうって気が付いて、さりげなく手伝いに来てくれたりするわけです。キジュ自身も、いろんなトラブルを実力で解決して、乗り切って来た人なんだな、と言う感じがしました。二人が楽しそうに作業する所へやってきちゃったスヒョク。いつもタイミング悪すぎ。キジュは、タイミング良すぎだけど、そこが面白いドラマなんだから、まぁ、良しとして。
おっ!ちゃんと、スピード違反で切符切られてますね。暴走するシーンは多いけど、違反で捕まるシーン、初めて見た気がします(笑)ついにスヒョクは、キジュを意識しまくってるテヨンに、告白してしまいました。「この中に・・・お前がいる。」・・・ってか。きゃー!(≧▼≦) 
地味な感じだと思っていた主役二人が、どんどん魅力を増してて、ストーリーと共に、ますますハマって行ってしまいます。
また、長話になってしまった・・・^^;
☆バーを出て、テヨンを送って行くキジュに対して、「おじさん、ちゃんと送れよ」が、「“門まで”ちゃんと送れ」と言っています。5話での、テヨンとキジュの会話を聞いていたよ~。と、遠まわしにアピールしてる?

★キジュがバイクのエンジンをかけたシーンの後、
スヒョクが、テヨンの家に戻って来たシーンが入ります。

さくらんぼの木に、水をやっているテヨン。そこへ、寂しそうな表情のスヒョクが帰ってくる。

「何処へ行ってたの?電話も取らないし。心配したよ。」
「ちょっと、風に当たろうと思って」
「ココでだって当たれるじゃない。風なんて、どこでも吹いてるし。さっき、一緒に帰って来れば良かったのに。」
「お前の所にいる事、おじさんには知られたくなくて。もしかして、話した?」
「いいえ。私の体重の半分が、口の重さだって知らないの?それで、いつまで黙ってるの?」
「それは、お前の勝手だ。俺がココにいるのが嫌になったら、いつでも言ってくれ。」
「そんな事、あるわけないでしょう。もし言うとしても、あなたに言うわ。」
「先に寝ろ。俺はもうちょっとココにいるから」
と、外の寝台の上で、横になるスヒョク。
「今まで外にいたのに」
「ココの風のほうが気持ちいい。空も、ココの方がいい。」
空を見上げるテヨン。
「明日、初仕事だろう。綺麗にして行けよ。誰から見ても綺麗に。」


★初仕事の日。テヨンはエレベーター前でユナに会いますが、その後、社長のキジュとも会うことになります。
エレベーターを待っている社員の前で、出社して来たキジュが、エレベーターに乗ります(社長優先って事でね。)

張り切って「キジュシー!」と声をかけるユナ。キジュは、ユナを見て視線を外し、知らないふりをします。


正面を向き直したところで、ユナの隣にいるテヨンに気が付き、目が合います。エレベーターのドアが、半分閉まりかかっているにも関わらず「頑張れよ」と声をかけます。ちょっと手を上げる様なアクション付きで、思わず、とっさに声をかけた、と言う様な、とても自然な感じです。テヨンも、エレベーターは行ってしまいましたが「はい。あなたも(と、字幕ではなっていますが、“頑張れよ”と同じ言葉だと思います。聞こえたままに、カタカナで表現すると、二人とも「スゴ」って言ってる様に聞こえます)」と軽く手を振って、嬉しそうに答えます。可愛いシーンです。



★残業を手伝っていたキジュが、スンギョン(キジュの元妻)に呼び出され、部屋を出た後、テヨンとスヒョクの会話があります。
キジュが出て行って、ガッカリした表情のテヨンを見つめるスヒョク。テヨンは
「スンギョンって、恋人?」と聞きます。
「知りたいなら直接聞けば」と、スヒョク。無言のスヒョクに、テヨンは空気を変えようと
「コーヒー飲む?」と声をかけます。
「お前は、何でも叔父さんに助けて貰うんだな。さっき電話した時、何も言わなかったくせに。俺の助けはいらないって事だったんだな。」
「そんな事言ってない。」
「言葉より、態度で表してるじゃないか。」
・・・と言う会話が入るので、次シーンのテヨンが、とても申し訳無さそうな表情をしているのです。
この後、社長室のキジュのシーンへと変わります。
で、テヨンとスヒョクのシーンに戻って。
テヨンの「気を悪くさせたみたいね。」となっている箇所が、「貴方がそんな風に思ってる事、気が付かなかったわ。」となります。指を切ったテヨンをスヒョクが怒るシーンの中に、「いつもこうだから、心配で一人にしておけないんだよ。」と言う言葉が入ってます。

★警察署内での叔父さんのシーンが、ココもバッサリです(笑)

★警察署近くのお店で「さっきの話聞いたわ。」の後、会話が続きます。
「聞いたのか。卵を何個か投げて逃げようとしたんだけど、とても出来なくてね。でも、あいつ嘘ついてるんじゃないか?俺に殴られたら少なくとも全治5週間だ。・・・弱くなったのかな。」といって拳を作ってみせます。テヨンは、その拳を持って、自分の頭を叩いて見せ、
「大ぼら吹いて。5週間だなんて、、、せめて8週間ね。」と笑って見せます。

で、スヒョクの「叔父さんの事はまかせろ」となります。

★残業翌日の朝、会社のトイレで洗面をするぼろぼろのテヨンのシーンが入ります。
トイレから出てきた女子社員に「Σ(゜ロ゜;)!!」と言う顔で見られています。その後の、テヨンとキジュの二人のシーン、可愛くて好きです(笑)キジュの真顔が良い!秘書くんも、いつもほのぼのして、感じの良い人だー。

★お化粧品を買いに行ったお店で「全種類1つずつ貰えるかな。」の後カットされたシーンがあります。
「恋人が残業でもしたんですか?」
「(笑って)ええ」
グロスを、選んでいる店員に向かって、
「それより、ピンクのほうが似合うんです」
と真顔で言うキジュ(笑)

★キジュからのメールのシーン。テヨンが、キジュからのお茶の誘いのメールに「待ってて下さい」(いつもの、ちょっと怒った様な口調)と返信をするシーンが短いですが、カットされています。
その後屋上でキジュがテヨンにブラシを渡すまでの間にもカットされたシーンがあります。あまり筋には影響なさそうだけど、キジュが買ってきた大量の化粧品に驚くテヨンが写されます。上着を返すシーンもカットされています。・・・お茶しない?ってメールしておきながら、飲み物が無いってどういう事?・・・たまには、ちょっと突っ込み(笑)

★社長室でのユナとのシーン。
ユナはデスクに腰掛けてキジュを待っています。テヨンの所から戻って来たキジュは、ユナに向かって
「イスが見えないのか?何をしてる?降りろ」(いつもの淡々とした口調です)
「貴方が望むなら」
ユナは社報を差し出し声をかけますが(「社報です」程度)キジュはひたすら無視しまくります。
で、サンドイッチのシーンへ。
「キム弁護士に繋いでくれ」の場面「キム弁護士に繋いでくれ。30秒以内に」と言っています。で、「あと30秒で(メチャメチャ)忙しくなる。」と言う言葉に繋がります。

★叔父さんの、スヒョクの服だろうの後、

バーの前でカップラーメンを食べながら、何枚ものスピード違反の切符を見ている、スヒョクのシーンがあります。
「バカやっちゃったな。何もしてやれないくせに」
と呟きます。
そして、アイスを食べている、ヤンミのシーンへ。

☆弁護士との会話。
キジュが「どうしても力になりたくて」と言っていますが
「僕が助けてあげたい人です」となっています(^・^)

★叔父の件を解決したのがキジュだと知り、テヨンがキジュの部屋を訪れるシーン。
いきなり部屋に乗り込んで来たように見えますが、女性秘書が電話(?)で、テヨンが来た事を知らせるシーンがカットされています。

「忙しい」の後から、食事のシーンの間。
「もともと騙され易いのか?それとも俺の言う事なら、何でも信じるのか?」
テヨンの表情が入って、食事のシーンに変わります。
「何故食べないんだ?お茶の代わりに食事だから?
コレ全部食べたら、コーヒーが出るんだ。(間)本当に食べないのか?(間)気になるなー。さっきから飲まないし、食べないし。そのうち倒れるぞ。」
「叔父さんの事、どうしてわかったんですか?」
「礼はいらないよ。聞いた事にする。その代わり、今日はお前のおごりだ。」
そしてテヨンの「なぜなの?」に進みます。

★テヨンがスヒョクをバーに訪ねるシーン。
スヒョクのドラムシーンが少々カットされています。イ・ドンゴンファンの皆様、残念。


第6話の気になるカットシーンは以上です。
   ★カットシーン
   ☆会話の補足 


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/53-0b05f5f2
    この記事へのトラックバック


    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。