スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『スウとのんのん』

2005年02月09日 13:21

『世界で一番優しい音楽』子育てを始めたばかりの頃、偶然に手にし、読んだ漫画本です。
物語は、妊娠し高校中退。恋人家族の大反対の中、突然の事故で、結婚しないまま彼を亡くしてしまった、若いシングルマザー、スウと、その娘のんのんの、とても暖かいストーリー。コレを読むと、いつも訳も無く、子供を“むぎゅーっ”としたくなります。子供と一緒に、笑ったり泣いたり、怒ったり怒られたりする母親。漫画ではありますが、私も、こんな気持ちで子育てを続けたい、と思いました。この漫画の中にある、娘のんのんに言うスウの言葉「大切な宝物」。実は、この漫画の影響を受け、実生活でも折に触れ、私はこの言葉を好んで使っています。将来、漫画の中の台詞だったとコドモが知ったら。。。(笑)
この漫画が『スウとのんのん』という昼ドラになったと言うので、早速見始めました。原作は16巻で、大変長期間の物語ですので、どのエピソードが紹介されるか、楽しみにしています。原作で感じた、優しくて穏やかな気持ちが伝わってくるドラマになっているといいな、と思います。
配役は・・・慣れるまでちょっと・・・。原作を読んで私が感じたイメージとは、ドラマ内の登場人物のキャラ自体が、少し違う気がしますが・・・慣れるかな~(苦笑)
主役のスウ役の女優さん、失礼ながら、あまり見た事の無い女優さんだけど、何故か名前は知っている「?」と思って、調べてみたら、『オール・イン』のスヨンの吹替えをされた方でした。・・・私が感じている原作のスウって、私がソン・へギョに持っているイメージと似てるかも。どんなイメージなんだ?(笑)


コメント

  1. ruby | URL | eAb5nx9M

    hiyoさん、こんにちは^^
    『世界でいちばん…』すごく大好きな作品です!
    昼ドラ、初回だけは見ました☆
    それ以降は…な~んか違うゾ!と思ったので遠慮しています。
    うちの娘はのんのん役は小林聡美さんとパンのCMに出ている「それおやつぅ~?」の子がいいんじゃない?と申しておりました(U_U)
    それって最初の頃しか使えないわ…

  2. hiyo | URL | SFo5/nok

    >rubyさま
    原作は、良いお話ですよね。ドラマは・・・やっぱり、原作ファンとしては、スウもモーリも海江田さんも、キャラが違いすぎ。。。こじんまりと、まとめ過ぎちゃってる感じがしています。
    原作だと、最初の頃の“のんのん”は3歳くらいですもんね。ドラマは、すでに6歳位。すでに“のんのん”が成長しすぎで、原作の様な子供の反応をすると、違和感を感じそうです。。。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/64-90082f8e
この記事へのトラックバック


Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。