スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『救命病棟24時』第6話

2005年02月16日 15:18

今回は『先週笑って申し訳無かった!寺泉先生m(__)m』的第6話でした。自分を責める被災者の前で、ついにキレてしまった寺泉先生。被災者に対して、言っちゃいけない言葉だけど、嫌なヤツには見えなかった。
本音を口にした事で、自分がやってる事が、やっと見えてきた様子。小島先生の恋人の死にも、責任を感じて、謝る位な見事な変わりようです。秘書も驚いてるよ。当初の私的予測では、そのうち、寺泉先生権力振り回して大暴れ!!!のハズだったんですが(苦笑)
研修医弟君も、徐々に成長中。こっちは、軽いノリで来ちゃったボランティアにキレてしまいました。あそこは、キレていい!(ダメ?)切れるくらい、感情が豊かになって良かったよー。内面を成長させて、良い人・心のある医者になって頂戴!
恋人の実家に、死を伝えなくちゃいけない小島先生、辛いよね・・・。「あんたは、大丈夫かの」って言うお父さんの言葉、とても心に沁みました。人前では、平静を装いながらも、本当は、手が勝手に動く位にやりなれた処置の手順が、頭から消えちゃう位の、動揺ぶり。進藤先生の配慮で、恋人の遺体とともに、恋人の故郷へ。進藤先生、隅から隅まで、の気配り具合が素敵すぎです。救命スタッフのインパクトが、どうにもこうにも弱いのは何故?いつの間にか、進藤先生中心に回ってますが。う~ん。。。
それにしても、このドラマの放送時間近くって、地震が多い・・・気がするんですけど?


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/69-f251cbf7
    この記事へのトラックバック

    『救命病棟24時-6』-DRAMA

    ■『救命病棟24時-6』 主な出演者:松嶋菜々子、江口洋介他 放映日:2004/02/15 おすすめ:★★★★☆ 概略:裕樹の病状が急変し、医療器具の修理が間に合っていなかったことから、進藤たちの必死の治療にもかかわらず、裕樹を救うことはできなかった。 楓は気丈に仕事を続.



    Recent Entries


    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。