スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パリの恋人@BS-日テレ版』第16話カットシーン

2005年02月21日 13:17

第16話、この回は、正直あまり好きじゃないんです。。。
極寒の食事のシーンもそうだし、嫌だって言われているのに、頑なに手伝おうとするテヨンも、この時ばかりは、どうかと思って。分かって貰えれば、好きになって貰える、と言う自信は、一体どこから出てくるのか?(^^;)キジュのリードも、今回ばかりは不満足よ。悪になり切れないスヒョクが、ぶっきら棒だけど、テヨンを心配して、アドバイスしたり、助け舟を出すシーンは好きですが。。。スヒョク~!!!目を覚まして!いくらテヨンが好きでも、キジュがつぶれても、何があっても、テヨンはスヒョクの所へ行くわけがないじゃないかー。こういう執着の仕方というか、させ方は理解出来ない。
この回以降、脚本家が変わったのかしら?と思うくらい、キャラの設定、ストーリー展開が、変わって行く様に感じます。
分かり易過ぎる策略を企てる会長にも一言・・・家柄以外に自慢できる事ないんかい!
★二人が玄関から入った後、カットシーン
部屋へ入って来るスヒョク、キジュ、テヨン。

テヨンが「こんばんは」と挨拶をする。答えない会長。
キヘの「来たの」へ。

★秘書と会うピルボのシーンの後、カットされたシーン
2Fで話をするキジュとスヒョク

「何とも無い振りしてくれてありがとうな」
「何の事?一発殴られた事?それとも、一つ屋根の下でテヨンに会う事?」
「両方」
「しょうがないだろう。一緒に住んでる以上、これからも、こういう事は、よくあるだろうし」
「スヒョク。。。不便でも、少しだけ我慢してくれ」
「我慢したら、何があるんだ?」
「後で話そう」
立ち上がり、自室に入るキジュ。テヨンが二人を呼びに来る。スヒョクと目が合う。
「夕食の支度出来たよ。降りて来て」
「あの部屋だよ。行きな」
「そう言う訳じゃ無かったんだけど」
「なら、座れよ」
「うん」ソファーに座るテヨン

「気を悪くしないで聞いてくれ。侮辱を受けても、良い子ぶって何もしない女に魅力なんて無い。お前の性格通りにすれば良いんだ」
「私の事を思って言ってくれてるの?それとも、怒鳴られる方に誘導してるの?」
・・・(間)・・・
「知ってるよ。私のためだって事。」
キジュが部屋から出てくる。立ち上がるテヨン。
「食事の用意が出来たから、行きましょう」

「行こう」(スヒョクに向かって、キジュ)
先に行くキジュとテヨン。スヒョクの携帯が鳴る。チェ理事からの電話。
「キジュがゴルフ場に現れたらしい」
「そうですか?・・・俺が会ってみます。それから、ムン議員の事を調べて下さい。弱点は多ければ多いほど、良いのではないですか?」
食事のシーンへ

★キジュが「明日家を出る」と言ったシーン、スヒョクの表情の後。
ピルボと歩くテヨン

「もう、たまらないよ、テヨン!俺が確かにこのポケットに金を入れておいたんだけどな。それに、そのお金で借金だけ返して、ほとんど使ってもいないんだぞ。本当だ。信じてくれ」
「叔父さん、叔父さんのせいじゃないわ。会長の事だから、何をしてでもそのお金を、叔父さんが受け取るようにしたんだと思う。そしたら、私が恥をかくから。私の方こそ、ごめんなさい。でも、言ってくれれば良かったのに。」
「テヨン」
「こうなったからには、家に戻って来るんでしょう?」
「すまなくて戻れないよ。家長としての本分も、父親としての本分も尽くせずに」
「だからこそ、帰って来なきゃ。ゴンがずっと待ってるわ」
「ゴン・・・あいつが。。。(笑って)そうか、そうか。俺の事だけ待ってるのか。(キジュをみつけて)そうだ。俺な、急用があって。先に帰ってろ」
立ち去っていくピルボのシーンへ

★「今日は失敗だな」→「今日は来るんじゃなかったな」となり、カットシーンが入ります。
「車貸してくれます?」車を運転するテヨン。

「速度落とせよ、な?ブレーキも踏んで!」
「嫌なら降りなさい」アクセルを思い切り踏み込む
叫び声をあげるキジュ。笑い声のテヨン。

「速度落とせってばー!」
「人生はいろいろ」
「わぁぁぁーーー」叫ぶキジュ
「(キジュに向かって)黙れ!」
猛スピードで、走り抜けて行く車。

自室で座っているスヒョク。思い立ったように立ち上がり、全力疾走で街を走り、路上に座り込む。苦しそうで、辛そうで、今にも泣き出しそうな表情。



川縁のキジュとテヨンのシーンへ
「私、今夜どうでした?」がカットされています。
☆その後の会話。
「無理して洋服も買ったのに、似合ってないわ」→「貧乏ながらも、わざわざ新しく買った洋服を来て行ったのに、あまり人気なかったね」

★本部長室で話す、テヨンとスンギョンのシーンの後、会議のシーンがカットされています。・・・内容、略しますがスンギョンがテヨンに好感を持っている表情が、見て取れます。

その後、映画館の、障害者無料試写会のイベントのシーンが入りますが、略します。舞台となった映画館が、車椅子利用者が使い易い施設であると言う宣伝っぽい感じです。
スヒョクとユナのシーンへ

★スヒョクとキヘの会話の後、自室で荷物整理するキジュのシーンがカット。

書類等をカバンに入れる。机の上にあるスヒョクとの写真を見つめ、カバンに入れる。

スヒョクが入って来る。
「一人暮らしはどう?慣れた?」
「約束はどうした」
「何の約束だったのか、気にならない?俺、ソウルに知り合いなんて、そんなに多くも無いのに」
「俺が気にしなきゃいけない 約束なのか?」
「さあ。。。おじさん、俺いつ招待してくれるんだよ」
「招待も何も、お前が勝手に来ればいいだろう」
「分かった。行くよ。(部屋から出ようとして立ち止まり)そうだ。テヨンはよく来るの?」
キジュとスヒョクの表情。


手紙(メモ)を書くテヨンのシーンへ

・・・最近、コレを書いていて、よく“○○の表情”と書く事が増えた気がします。表情をじっくりと映すシーンが多いですね。中でも、パク・シニャの表情が何とも言えず良くて、複雑な思いがとても伝わってくるのですが、でも、どう言葉で表現して良いか。パク・シニャンの表情を表す的確な言葉が、私の貧しいボキャブラリーでは、いまいち見つかりません。すみません。。。

★メモを読むキジュのシーンの後、カットされたシーン。
映画館の制服を見つめるテヨン。制服を折畳む。

部屋からゴンが出てくる。
「ゴン、お父さんとヤンミどこへ行ったの?」
「今から会いに行くんだ」
「今から会いに?」
「うん。何か地域区商業発展のために、何とかって言ってるけど。行ってみればわかるよ」
「何?地域区産業?ちょっと、どこ行くの?」
カメラを回すピルボのシーンへ。

☆映画館に辞表を出したシーンでの言葉
「私、改まった別れの挨拶は苦手なんです」→「私、終礼の時間に居眠りしてて、さよならには弱いんですよ」

★「ファイティン、アジャ!」の後、カットシーン
ここからのシーンは、15話のエンディングに使われています。・・・どうでも良いけど、キヘのお店、いつも暇すぎ(苦笑)

花束を持ってキヘの店を訪ねるテヨン
「こんにちは」
花束を見せて
「すごく綺麗でしょう?香りも良いし」
・・・(間)・・・
「座って下さい」
「はい」
「これが、テヨンさんのやり方ですか?」
「はい?」
「いきなり現れて、疲れ果てるように苦しませて。承諾ではない白旗をもらう事?」
「そう言うことではありません。私の浅はかな考えでは、こんな風に一緒に会ってお話をすれば、私の欠点の中の1つや2つは、好きになって」
テヨンの言葉を遮る様に
「正直に言いましょうか?キジュの事を思えば、キジュの好きな女性なら、私は会わなくても大賛成です。でも、何故私が反対してるかって?スヒョクはどうなるんですか?テヨンさんの事、キジュよりも先にスヒョクから聞きました。4年ぶりに現れて、幸せそうな顔で“母さん、俺、恋してるんだ”こう言いました。」
「どんな風に聞こえるかは分かりませんが、私スヒョクの事好きです。でも、友達以上に思った事はありません。私の好きな人の甥、それ以上でも、それ以下でもありませんそれは、スヒョクも分かってます」
「約束があるので、花は持って帰って下さい」
席を立つキヘ
本屋で、たくさんの本を買い込むテヨン

「心の平和と糧をためてから、再び挑戦するんだ。OK,I can do it,アジャ!」テヨンの声に驚く、他のお客さん。
レジで
「ちょっと聞きたい事が。いくら探しても無いもので。。。『舅と姑に愛される方法』『反対結婚の成功記』『金持ち家への嫁入り』あります?」
「うちの書店にはありませんけど」
「無くて当然ですよ。私が成功したら、その時書くつもりですから。これ、計算して下さい」
キジュ「新車開発について、業界の反応は?」のシーンへ

★キジュと秘書クンの会話の後、カットされたシーン

キジュの部屋で、映画をみながらシャツにアイロンをかけているテヨン。この映画は何でしょう・・・?私、こういう事に詳しくなくて^^;
映画のシーンに、男性のシャツを着て、男性の前に現れる(えっと、誘っているのかな・・・?)女性のシーンを見る。

シャツを着て、鏡の前に立つテヨンのシーンへ。


コメント

  1. boss777 | URL | ktzn0Ag.

    hiyoさんの冒頭
    >第16話、この回は、正直あまり好きじゃないんです。。。
    分かる気がします。嫌いじゃないけど好きじゃないって感じですよね。
    何かが一気に崩れて行ってしまう。そんな回でしたよね。会長宅の食事シーンは見てて苦しかったです。無理するテヨン。あまりかばいきれないギジュ。かばう事さえ許されないスヒョク。そして、最低な言動のキヘ。
    キヘが、なぜにテヨンを許せないのかという会話がカットでは、先々問題な気がしますが、次回にくっ付けてあるのでしょうか?

  2. ruby | URL | eAb5nx9M

    会長の家を出た叔父さんとテヨン。
    叔父さんがあたふたといなくなるシーンから始まりましたよね、あのシーンのカットはちょっと失敗してる感じでした(^^;
    ラストはアイロンがけと見ている映画からギジュのYシャツを着ているテヨンがいるんですね♪
    唐突に男物のシャツだったから「どーしたんだッテヨン!!」と思ってました^^

  3. hiyo | URL | SFo5/nok

    >bos777さん
    好きなシーンももちろん多いですが、もどかしくて、見るのが辛い回です。残り4話へ向けて、ココから動き始める大切な回ですけど。。。キヘは、やりすぎ、言いすぎですよね。スヒョクはどうなるんですか?・・・人に向けて言える言葉では無いはず。
    >rubyさん
    CM明け、叔父さんが唐突に立ち去って行くので、変でしたよね。
    シャツのシーンも、そう言われれば、いきなりあんな格好で、何事かと思ってしまいますね(笑)映画の映像は流せないから、カットするしか無いシーンなのですが、カットのせいで、見事な突っ込み所になっていました。。。

  4. nori | URL | -

    今日、偶然このホームページに出会えて、感激です。私もかなりパリ恋にはまっていて、カットシーンが気になって仕方なかったんです。あのキスシーンの前の会話も、どうもわからなかったんですが、やっとすっきりしました(よかった~)16話はかなり重かったけど、私は就職の件を相談したときのギジュの「いいよ」って言う時のあの表情がたまらなく好きで、何回も見ました。パク・シニャン大好きです。

  5. hiyo | URL | SFo5/nok

    >noriさん、はじめまして。
    コメント、ありがとうございます。喜んで頂いて、私も嬉しいです。
    キジュの、何気無い表情、動き、しゃべり方、すっごく印象深くて、良いですよね。ドキドキしてしまいます。・・・そんな事言って喜んでる年齢ではないのですが^^;
    >就職の件を相談したときのギジュの「いいよ」って言う時のあの表情・・・早速、確認してしまいました。本当、良いですね~。しかも、見れば見るほどに。。。にやけながら、コレ書いています(^^)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/73-4fd1fa5e
この記事へのトラックバック

パリの恋人 16話

会長宅へご招待に預かったテヨン。ここにカンビルボ(テヨン叔父)を登場させるのよね。会長メッ!ビルボをいつ使ってくるか気になってたわよ!でも、会長の策略なんてかわいいものかも。ギへ姉ちゃんの嫌味な態度・言葉こっちはもう許せません!だいたいさー、今皆が苦しん

パリの恋人 #15、#16

今回はあらすじを端折ります(^^;いやぁ~^^テヨンは嫁の鏡だね!



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。