スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

『パリの恋人@BS-日テレ版』第19話カットシーン

2005年03月06日 16:00

地上波視聴の皆様、地上波版『パリの恋人』は如何でございましょうか。韓ドラの吹き替えに関しては、かなりハードルは低め設定になっているとお察ししますが。多少の盛り上がりは、見せているのでしょうか?カットシーンは更に増えたようですが、話しは見えますか・・・?
あ~、気になる(←しつこい(苦笑))

出生の秘密を知ったキジュ。これで別れる理由は無いってテヨンに言うけど、テヨンは、キジュだけじゃなく、キジュが背負っている全ての物のために、キジュに自分を捨てて欲しいと願う。キジュが、唯一つ捨てる事が出来ないと言ったテヨンが、自分だけを捨てて欲しいと言う。。。
・・・って、カットでしたか、ココ。そうですか。。。
交通事故に合ったスヒョク。冷たい言葉で追い返した自分を責めるテヨン。気が付いたスヒョクは、キジュとテヨンの事を思い出せない振りをする。二人を見送った後の、スヒョクの涙。自分の記憶からも、二人の記憶からも、消し去る事が出来るなら、消してしまいたい、自分の罪。
二人の前で、何も知らない振りをして、明るい表情を見せるスヒョク。でも、テヨンは、スヒョクに傷を残したまま幸せにはなれないと、キジュの前から去って行く。それが、テヨン。それを誰より理解しているキジュは、そんなテヨンを追う事が出来ない。
「お前無しで、俺はどうやって生きれば良いんだ?(日テレ版字幕=僕にはお前しかいない)」そう言うだけで精一杯のキジュ。

そして、チェ理事は、本当に自分がしたかったのは、こんな事じゃなかったって気が付く。長い時間がかかったけど。。。キヘの「ごめんなさい」それだけで、心が溶けていった。キジュがチェ理事に見せた涙。一気に緊張が解け、愛で傷付く辛さ知ったキジュが、チェ理事もまた、愛で傷付いて来た人だという事を知って流す涙。このシーン、すごく印象的でした。・・・カットされなくて良かった。
オリジナルの19話の冒頭シーンが、二人の喧嘩の途中から始まっているため、BS日テレ版では、18話のカットシーンで紹介した、二人が車を止める直後のシーンから使われています。
なので、この回には↓がありません。


☆18話ラストシーンに続くシーンより会話の補足
「母さんは、俺たちの母親だ。俺たちの」の後から
「何を言っているのか、全然分からないんだが。もう一度言ってくれるか?」
「俺も信じられなかったよ。けど、ムン議員もチェ理事も、皆知ってたんだ。おじさんが俺の兄さんだって事。おじさんと俺以外の全ての人が、その事を知ってたんだ。事実を知ってからは、何故だか無性に腹が立った。最初から同じ時点で出発したなら、おじさんのもの全部、俺の物でもあるんだな、ってそう思った途端、止まらなくて。母さんは、おじさんの事しか気にかけて無かっただろう?母さんって、一度も呼べなかったおじさんの胸も痛むだろうけど、俺は、何度呼んでも、常におじさんの母さんだった事実が、苦しくてたまらなかった。死ぬほど愛しても、おじさんしか見つめないテヨンも、俺には絶望そのものだった。・・・だから、あんな事したんだ。だから・・・。だから、おじさんにあんな事を・・・。ごめん、おじさん。ごめん、おじさん」
「お前を許せるのは、俺じゃない。何も変わっちゃいない。俺は、今夜ここにいなかったんだからな」
・・・曲。キヘの店の外にいるキジュのシーンへ。

★ベットで寝ているスヒョクが、うなされて起き上がるシーンの後、カットシーン
チェ理事と会うスヒョク
「遅すぎたのかも知れないけど、全部元通りにしたいんです」
「もう、大丈夫みたいだな。病気だと聞いて心配したんだが」
「全て元通りにしたいんです」
「過ぎた事は、どうする事も出来ない」
「おじさんには、何もかも話しました」
「そうだろうな。お前は、何かあったら、いつも叔父の後ろに隠れていたからな。お前は、一生叔父の陰から抜け出す事なんて、出来ないだろう」
「何を言われても構いません。これ以上、おじさんを苦しめないで下さい」
「それは、私が決める事だ」
「忘れてらっしゃる様ですけど、俺は、チェ理事の共犯です」
「忘れちゃいない。それで?」
「俺、壊れてしまおうかと。俺の罪を暴いて、チェ理事を止める事が出来るなら、俺、いくらでも壊れて(破滅みたいな意味?)みせます。・・・血は水よりも濃いって、本当なんですよ。お先に失礼します」
立ち去るスヒョク。呆然とした表情のチェ理事。

・・・広報室のユナとテヨン
ネットで商品を探しているユナ。
「新婦用セットがたくさん。何にしようかしら。テヨンさんは、婚約式の時、化粧品はどこで買ったの?お薦めして欲しいわ」
ユナを見るテヨン
「聞こえないの?(イラ着いた感じで)」
「(元気なく)聞こえてるよ」
「なのに、何故答えないのよ」
「一体、何を考えているのかなって」
「分からないの?あなたが指輪を外したって言うのに、私が、これ以上待つ必要無いでしょう?」
「待たない事は別に良いんだけど、少しは考えってもんを持ちなさいよ。あんた、今おかしい。正気じゃないね」
「偉そうに忠告なんかしちゃって、何のつもり?自分の事でも心配しなさいよ」

電話の音。電話をとるテヨン。
「はい。広報室・・・(間)・・・少々お待ち下さい・・・(間)・・・」
ユナを見るテヨン

「私?誰なの?」
電話をとるユナ
「はい。お電話変わりました。(嬉しそうに)キジュさん!はい、分かりました」
電話を切り、張り切って立ち上がる。テヨンに向かって
「私、ちょっと出て来るわ。キジュさんが、話がしたいんですって。何の話かしら」自慢げな笑みを見せる。
ユナを見るテヨン

テヨンの携帯の音。携帯で話すテヨンのシーンへ

★携帯で話すテヨン。「分かりました」と電話を切って、デスクを片付けるシーンの後カットシーン
ベンチのある場所に来た、キジュとユナ
「私、昨夜良い夢でも見たのかしら。どうして、私に会おうとしたんです?気持ちの整理がついたんですか?」
軽く数回頷く素振りをみせるキジュ
「良かったわ。テヨンも整理がついたようだし。これからは、私達の事を話しましょう」
「ムン議員、この頃忙しいか?」
「いつでも忙しいわ。父の事を何故?」
「いくら忙しくても、この事は必ず伝えてくれ。これ以上、三流のチンピラの手は通じないから、もう止めた方がいいって」
「それって、どう言う意味?」
「どう言う意味かって?」

「どこまで欲深い親子なんだ」へ・・・。
★二人の会話後、立ち去るユナ、キジュの表情の後カットシーン
ロビーで偶然、出社して来たスヒョクと会うユナ。
「世の中に秘密なんて無いようね。お兄さんが、何もかも知ってたわ。知ってたの?」
「あんたの口って、何でそんなに軽いんだ」
「知ってたようね。なら、お兄さんに伝えてくれる?私、ここでやめたりしないわ。私のものに出来ないなら、誰のものにもなれないの。汚いだなんて言われたからには、いっそのこと全部暴露してやるわ。そう伝えといて」


社長室のデスクに座っているキジュ。

ノックの音。
スヒョクが入って来るシーンへ。

★キジュの部屋で、ビデオを見終わった後、カットシーン
ビデオテープを取り出すテヨン。荷物を抱えて、部屋を出ようとするところへ、キジュが入って来る
「忘れ物があって。・・・さようなら」
「どうして言わなかったんだ。避けるのが精一杯のくせに、どうして一人で苦しんでいたんだ」
「何の事ですか?」

「これは、俺の問題だ。お前が俺を避けるからって、解決する事じゃ無い。俺、自分の事全部聞いた。お前が知ってるって事も。そのせいなら、俺は大丈夫だ。俺は構わない」
「構わない訳無いじゃない。私が怖かったのは、キジュさんが知る事より、他の人達が知る事だったんです。私が側にいれば、皆が知る事になるの。ユナが全部ばらしちゃうって。全ての人に暴露してやるって言うんだもの」
「そうしたら・・・皆が知ってしまったら、何が問題なんだ。俺が関係無いって言ってるのに、何が問題なんだ」
「気は確かなんですか?世間は、他人の不幸にそう寛大になれないんですよ。これから、あなたが何をしようが、偏見を持つに決まってるんです。嘘に噂まで混じって、一生あなたに付きまとう事になるの」
「それだけの事か」
「別れる理由って、それだけの事だったのか。俺が気にしなければ良いだろう。俺が、何もかも捨てれば良いじゃないか。俺が全部捨てれば良いのか?」
「全部捨てたら、全部捨てて私の元へ来たら、どうやって生きるつもりですか?封筒の糊付け?ビーズ繋ぎ?・・・自動車会社の社長以外に、何が出来るって言うんですか?社員達は?あなた、国内社員だけで、2万人いるんでしょう?あなたに捨てられたら、彼らはどうなるんですか?・・・あなたが生まれた時から、すでに持っていたもの、あなたが生きながら得たもの、あなたが成した事。捨てるからって、捨てられるものは、一つも無いんです。だから、私一つだけ捨てて下さい」
「テヨン、勝手な事言うな」
「あなたと私、ここまでなんです。これ以上、結ばれないの。だから、お互い苦しめるのはやめましょう。あなたの会社、あなたの家族、あなたのもの全てを奪って、私、幸せになんかなれない。さようなら」

キジュの表情
テヨンが階段を上がって、自宅へ帰って来たシーンへ

スヒョク、最後くらい、顔を見て向き合って話したい気持ちも解る。解るけど、もう、気持ちを押し付けるのはやめにして「ごめん」位、さっさと言いなさい!

★スヒョクが録音するシーンの後のカットシーン。
3人それぞれの回想シーンです。
泣くテヨンの後、テヨンの回想シーン

マンションで、写真を見ながら考え込むキジュ。

引き出しの中から、テヨンの婚約指輪を取り出し見つめる。


机の上の婚約式の写真を見て、テヨンの事を思い出す。
キジュの回想シーン

涙が溢れそうになるキジュ。

運転するスヒョクのシーン
スヒョクの回想


涙を拭うスヒョクのシーンへ

★病院で、スヒョクの「この二人は誰なの?」3人の表情の後、カットシーン
廊下で待つキジュとテヨン

病室からキヘが出てくる。
「具合はどうだ?まだ分からないのか?思い出せないって?」
「思い出せないって。私は分かるんだけど(溜息)あの子、一体どうしたのかしら。どうしたら良いの?」
困惑するキジュとテヨン

「こんな事ってあり得るのか?」
「そんなはずありません。あり得ませんよ。キジュさんが誰だか分からないなんて」
「俺が医者に会って、詳しく聞いてみる」
歩き出したところへ駆けつける秘書クン。

★病室で、キジュと写った写真を見るスヒョクのシーンの後、カットされたシーン
社長室で、窓辺に立つキジュ。秘書クンが話し掛ける。


「スヒョクは、まだあのままですか?」
「ああ。何を見せても反応が無い」
「チェ理事サイドの動きは?」へ・・・
「受けて立つさ」の後、会話はまだ続きます。
「10分後に話そう。午前中に済ませなかった決済、全部済ませてくれ」
ドアの方向に向かって歩き出すキジュ。
ベンチの場所にやって来たテヨン。

肩を落として座っている、キジュの後姿を見る。

少し離れてベンチに座る。

テヨンに気が付くキジュ。

「こんな姿見せたら、社員の皆が心配しますよ」
「社員を口実にしてないで、自分の考えを言ったらどうだ」
「(少し笑顔を見せて)そうですね」

・・・(間)・・・
「元気出して。きっと大丈夫です。・・・何もしてあげられなくて、いつもこんな事しか言えないね。ごめんなさい」
「俺、会社の事で心配した事はない。どんな事にも解決策はあるんだ。俺を苦しませているのはお前だ。いきなり遠く離れて座っているお前」
「ごめんなさい」

「謝るな。それに、こんなに離れて座るなよ。そして、俺の顔を見て話してくれないか?」
「スヒョクは、どうして思い出せないんだろう。・・・私のせいなんです。私がスヒョクをあんな目に合わせたんです。私怖い。もう死ぬまで私達の事を思い出せなかったら・・・。私がスヒョクの人生を消してしまったみたいで。とても怖いんです」

テヨンを見つめるキジュ。

指輪ケースの蓋を開ける、ユナのシーンへ

☆チェ理事に掛けたキジュの最後の言葉
「お陰で、いつも緊張して仕事をしていました。悪くありませんでしたよ。お元気で」

★スヒョクに会いに行く、車内のシーンがカットされています。
もし、スヒョクが自分達の事を思い出してくれたら・・・と言うテヨンの願いが感じられるシーンだと思います。
ドラムのスティックを持っているテヨン。
「これ見せて上げたら喜ぶかな」
「さあ。・・・思い出せないなら、喜ぶ事も無いだろう」
「でも手慣れてる物なんだから、思い出すんじゃないかな?(キジュの表情)もしかしたら、今日は私達の事も、思い出すかも。そうなったら良いな」

「そうだな。俺はともかく、お前の事、思い出したてくれたら良いな」
「ううん。もしかしたら、私の事を一番忘れたかったのかも知れません」
二人の表情

スヒョクが静養する家のシーンへ

☆キジュとテヨンのラストの会話
「私達、いけませんよね。結ばれたら、いけませんよね。スヒョクをあんな風にして、辛い記憶も記憶なのに、全部消しちゃって。私が、どうして笑って暮らせるの?」
「テヨン・・・」
「私がどうやって、あなたの顔を見て暮らせるって言うの?」
テヨンを抱き寄せるキジュ。
「テヨン・・・。お前無しで、俺はどうやって生きれば良いんだ?」
「ごめんなさい。本当にごめんなさい」
立ち去るテヨン。


ちょっと急いでアップしましたので、誤字脱字等、申し訳ありません。


コメント

  1. ちゅん | URL | NXYbAnlM

    こんにちは。
    詳しいカットシーンの解説ありがとう
    ございます。
    おかげで???なところが判りました。
    なんか秘密が発覚したのにその後の
    反応がないってのもヘンですもんね^^。

  2. kaen | URL | TmzqjDuU

    はじめまして、kaenと申します。
    1999年にパク・シニャンの「手紙」を見て以来のシニャンファンです。
    韓国版のDVDで見ていたもので、日テレBSもこの度始まった地上波では見ることができない関西地域に住んでますもんで、どのような放映状況になっているのか知りたくて、情報を探してまして、ここに辿り着きました。
    管理人さんの非常に丁寧な解説を読ませていただき、とてもうれしいです。
    シニャンのような一見イケメンでもなく、スタイルも良くなさそうな俳優の実力、多面性などがちゃんと知られるようになればいいなあと思っているもので、書き込みをさせていただきました。

  3. ruby | URL | eAb5nx9M

    待ってましたよ、hiyoさん♪
    ホラホラホラ…やっぱり大切なところが抜けてた!!
    >全部捨てたら、全部捨てて私の元へ来たら、どうやって生きるつもりですか?封筒の糊付け?ビーズ繋ぎ?・・・自動車会社の社長以外に、何が出来るって言うんですか?
    があると、20話パリでの整備工をしているギジュがもっと光るのに…(U_U)
    スヒョクの気持ちは分からないではないけど、余計なことを…と舌打ちせずにはいられませんでした。ごめんね~スヒョク。

  4. hiyo | URL | SFo5/nok

    >ちゅんさん
    目まぐるしく場面が変わって、メインとなる部分を寄せ集めた、途切れ途切れの編集でしたね。
    疑問解決のお手伝いが出来て良かったです^^
    >kaenさま、はじめまして。
    パク・シニャンさんを良くご存知でいらっしゃる方のコメント、とても嬉しいです。
    日テレ版『パリの恋人』は、大切なシーンのカットが多すぎ、ストーリーを、ただ追っているだけの感があり、残念です。パク・シニャンさん演じるキジュは、手の動き、視線、台詞回し等、非常に魅力的でした。俄かファンではありますが、パク・シニャンさんが演じたからこそ、惹きこまれたドラマだと思います。パク・シニャンさんの他の作品も、是非見てみようと思います。
    コメント、ありがとうございました。
    >rubyさん
    そうでしょー!あそこが無いと、ラストのパリで、キジュ、いきなり何やってるの~?ですよね。骨休めって、・・・リゾートじゃ無かったのかい?って思われちゃうじゃないですか。
    スヒョクも・・・無理矢理な事故に合わされ、挙句、アレではね~。。。と私も思いました。

  5. boss777 | URL | ktzn0Ag.

    お帰りなさ~い。
    って、一歩も二歩も出遅れたbossでーす。
    忙しい中、早々のレビューありがとうございます。
    ギジュの部屋で婚約式のビデオを見るテヨン。「早くギジュ帰って来い!帰って来い!」って手に汗握りながら懇願してたの私。残念ながらそうはいかず、フラフラで帰宅するテヨン。と、ばかり思っていました・・・が、\(◎o◎)/!私の願いは届いていたのね!だめじゃん、あのシーンをカットしたら!大事な会話盛りだくさんじゃないの!
    でもって、ベンチシーン。前半にも出てきますよね~。二人の位置が反対だけど。その位置逆転とかって、作ったサイドにしてみればちゃんと意味があって、構成されているんだと思うんですよね。ダメジャン!カットしちゃー。
    19話も助かりました。ありがとうございますm(__)m

  6. hiyo | URL | SFo5/nok

    >boss777さん、ただいま~です^^
    ビデオの後のシーン、何であそこがカットなのか、訳分から~ん!ですよね。rubyさんもおっしゃっていますけど、ラストに繋がる大切なシーンですから。・・・地上波まで温存でしょうか。。。
    何とか、もっと系列局に売り込んで欲しい~!!!

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://hiyo.blog2.fc2.com/tb.php/79-5246e770
この記事へのトラックバック

「パリの恋人」第19回

19話の冒頭は、ギジュに対するスヒョクの心中の吐露、心からの謝罪と涙に、下がって

パリの恋人 #19

もう残り僅かなので、1話ずつ記します。何処まで行けば明るいパリ恋に戻るのやら・・・。唐突にテヨンの泣きのシーンから始まったよ!一週間ぶりでしかも'ドラマチック韓流'の初期の方なんか見てたから「アレ?何で泣いてる?」と一瞬ビビりました。出来れば18話を見てから

パリの恋人 19話

ギジュが出生の秘密を知ってしまいます。しかも、スヒョクの口から・・・。しかし、ギジュは「何も変らない。何も聞かなかった」と。本当は相当辛かったはずなのに。そして「スヒョクを泣かせテヨンを泣かせ笑顔を奪った、俺は本当に悪い奴だ」と。いいえー、あなたは何も知



Recent Entries


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。